ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

劇場・ホール・会館情報

中国・四国地方の注目すべき
劇場・ホール・会館と特色



鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県の5県からなる中国地方と徳島県、香川県、愛媛県、高知県の4県からなる四国地方の注目すべき劇場・ホール・会館と特色を紹介します。

中国地方の注目すべき劇場・ホール・会館と特色

中国地方の注目すべき劇場・ホール・会館と特色

岡山県には、クラシックコンサートなどを公演している「岡山シンフォニーホール」や、歌手のコンサートが頻繁に開かれる「岡山市民会館」などがありますが、中でも注目は「岡山県総合展示場コンベックス岡山」です。

1991年に、西日本屈指のコンベンション施設としてオープンした「コンベックス岡山」。大・中・小の展示場と屋外展示場、国際会議場などがあり、なんとその設備機器は24時間使用可能です。岡山県内で大規模なイベントが行なわれる際の会場として、県民に長く愛されています。「マスカットホール」と名づけられたアリーナ形式の中展示場は、1440席の可動式観客席を備えた多目的ホール。吊バトン・スピーカーなど音響設備も充実しているため、音楽イベントやショーなどで活躍しています。

また中国地方には他にも、有名アーティストのコンサートでおなじみの「広島グリーンアリーナ」や「島根県民会館」などがあります。

四国地方の注目すべき劇場・ホール・会館と特色

人気歌手の全国ツアーの会場になることが多い「愛媛県県民文化会館」。その前身となる「愛媛県民会館」は"市民会館"や"文化会館"などと呼ばれる公共ホールの建設ブームの先駆けとなった、歴史ある建築物でした。

「愛媛県民会館」は、"世界のタンゲ"と呼ばれた世界的建築家、丹下健三の設計で1953年に建設されました。丹下はこの設計によって、自身初の「日本建築学会賞」を受賞するなど高く評価されましたが、音響の悪さなどの問題から再建築と移設が決定されました。そして1985年に誕生したのが、現在の「愛媛県県民文化会館」です。そしてその設計を担ったのも、再び丹下でした。メインホールの客席は3000席と、西日本最大級の収容人数を誇っています。

また愛媛県には、地域貢献と地域活性化を目的に開設された「坊ちゃん劇場」があります。ここでは50歳以上の素人ばかりが所属する劇団「完熟『一期座』」が活躍しており、毎年新作を発表。愛媛や四国、瀬戸内の歴史的・文化的伝統をテーマにしたミュージカルとなっています。なお、ジェームス三木が劇場の名誉館長となっています。

その他にも四国地方には、「サンポートホール高松」(香川県)や「鳴門市文化会館」(徳島県)などがあり、音楽や演劇などの文化を発信するために活躍しています。