ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

劇場・ホール・会館情報

劇場の舞台装置の名称



演劇、ミュージカル、オペラ、歌舞伎など実演芸術の舞台上には、様々な演出物=舞台装置が存在します。演者が立つ台や背景の幕類、緞帳(どんちょう)、照明類に大道具、小道具、奈落から押し上げられる迫り上げ舞台など、すべてが舞台装置です。その中でも、手動や電動、油圧で動かす演出効果用の機器類は「舞台機構」、幕類や幕類を吊る美術バトンや昇降装置などは「舞台吊物機構」、迫り上げ舞台や収納舞台は「舞台床機構」と呼ばれています。照明や音響の装置は、それぞれ「舞台照明設備」、「舞台音響設備」と分類されています。ここでは、「舞台機構」に分類される代表的な舞台装置の名称と特徴について見ていきましょう。

舞台吊物機構

幕類

幕類
緞帳
舞台と客席を仕切るための幕。通常は舞台の最前部に設置され、昇降するようになっています。豪華な織物の緞帳は日本特有のものです。
絞り緞帳
生地をふんだんに使い、美しく優雅なドレープを出した緞帳。洋風の舞台にふさわしい豪華な雰囲気を演出できます。
かすみ幕
舞台の上部に吊られる細長い幕で、照明などを隠します。一文字幕(いちもんじまく)とも呼ばれます。
袖幕
客席から舞台袖部分の余計な物が見えないように隠す幕。かすみ幕と組み合わせて吊り下げられます。
中割幕
舞台の中央から上手・下手の方向に開く幕。引割幕とも呼ばれます。
スクリーン
映写幕とも呼ばれ、映像を映し出します。
ホリゾント幕
舞台の最も奥に吊られ、照明を当てて色彩を表現する白またはグレーの幕
松羽目幕
能舞台の壁板に描かれた松の絵を模したもので、布に松と板目の模様を描いています。式典や和の演出等に使われます。
舞台背景幕
布に風景や部屋の様子などを描いた幕で、ドロップやドロップカーテンとも呼ばれます。
オペラカーテン
舞台の左右斜め上方向に持ち上がるように開いていく幕の総称。開閉方式にはフランス式やイタリア式などいろいろあり、舞台に豪華で優雅な雰囲気をもたらします。

バトン

照明器具や集音マイク、幕類、美術オブジェなどを吊るして昇降させるパイプの総称。用途に応じて、吊り物バトン、照明バトン、美術バトン、道具バトンなどと呼ばれます。

天井音響反射板

音楽会などに使用されます。正面・側面音響反射板とともに箱型にセットして音響効果を高めます。

舞台床機構

迫り(せり)

舞台の床の一部(主に中央)をくり抜き、そこに昇降装置を設置した可動舞台。役者を奈落から舞台に上げたり(迫り上げ)、奈落に下ろしたり(迫り下げ)して様々な演出、舞台変換を展開します。

奈落

舞台の真下のスペースのこと。

回り舞台

歌舞伎に見られる舞台床機構。中央の床を円形に切り、その上に置いた大道具や役者などを乗せたまま回転させる仕組み。平型や円筒型と呼ばれるものがあります。

走行式舞台

スライディングステージや水平移動舞台とも呼ばれます。上に乗せたセットごと前後か左右に移動し、場面転換などに活躍します。