ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

劇場・ホール・会館情報

「埼玉スーパーアリーナ」の
設備を解説しよう①



埼玉スーパーアリーナ」は、コンサートやフェスティバル、スポーツイベントに見本市などさまざまな用途に対応し、最大で37,000席を使用できる日本最大級の多目的ホールです。ここでは、公式サイトで紹介されている照明・音響・映像関連の機材を解説します。

照明用機材

照明用機材
ピンスポットライト
主に客席頭上奥の「ピンルーム」から舞台上の演者をねらって照射するライト。演者をフォローするように照らすので、フォローピンスポットライトとも呼ばれる。
シーリング用ライト
客席の頭上にあり、客席側から舞台上を照射して役者の顔を見せるために使うライト。舞台の天井からの明かりだけでは役者の顔に影が出てしまうので「面明り」としてこの明かりが必要となる。
パーライト
レンズと電球が一体となった「シールドビーム」が入っている灯体のこと。シールドビームの種類(照射幅に違いがある)を取り替えることで明かりの拡散を変えることができる。ライブなどでビームを出す時によく使われる。
アッパーホリゾントライト
舞台の一番奥にあるホリゾント幕を上部から照らすライト。
ロアーホリゾントライト
舞台の一番奥にあるホリゾント幕を下部から照らすライト。
調光ユニット
照明の明るさを調節する装置。照明器具と電源の間に設置。ダイヤル式が多い。

音響用機材

イコライザー
音の周波数を調節する装置。周波数の特性を変化させ音色を調整する。
マルチエフェクター
電気信号となった声や楽器音を変化させ、さまざまな音の効果を生む装置の総称。ダイナミック系やフィルター系など多くのエフェクトをかけられるものをマルチエフェクターと言う。いろいろな効果を試せるので、初心者も使いやすい。
リバーブ
演奏を止めてもしばらくはその音の響きが残っていることを「残響(リバーブ)」といい、機材では、この残響を調節する装置の総称を指す。
ダイナミックマイク
カラオケ店などでも使用されるおなじみのマイク。
コンデンサーマイク
レコーディングスタジオなどで歌手が使っているマイク。天井からぶらさがっているタイプなどがある。ダイナミックマイクより感度が高い。
インカム
インターカムの略。舞台の進行担当などが各パートへの指令や相互連絡のために用いる通話装置。ヘッドホンにマイクが付いたものやトランシーバータイプで片耳イヤホンのものなどがある。
DATデッキ
DAT=デジタル・オーディオ・テープレコーダー。デジタル方式で録音できる機器。

映像用機材

アリーナビジョン
イベントを映像で盛り上げる客席上に設置された大型ビジョン。そのほか、大小さまざまなビジョンが用意されている。
マイクロ回線
マイクロ波による電波回線のことで、テレビ中継の通信などで使われる。近年は光ファイバーのデジタル回線が主流に。