ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

劇場・ホール・会館情報

日本の演劇史



ミュージカルやオペラ、日本伝統芸能の歌舞伎など、さまざまな舞台表現を指す演劇。その日本での歴史をご紹介します。

古代から中世

古代から中世

神話の時代、天照大神が隠れた岩戸の前でアメノウズメノミコトが踊ったとあり、それを演劇の起源とするという説など、「古事記」「日本書紀」の中に演劇的な記述が残っています。古代の日本では朝鮮や中国大陸から文化がもたらされ、7世紀、推古天皇の時代に最古の舞台芸能と言われる「伎楽(ぎがく)」が演じられたそうです。獅子舞などの行列行進(パレード)に仮面を付けた滑稽なパントマイムなど、打楽器の演奏付きだったと言われています。

奈良時代には、手品や軽業、ジャグリング、滑稽な小演劇などの「散楽」が伝わり、朝廷下に置かれました。しかし、782年に朝廷下から離れると、寺社から庶民へと広がり、平安時代には豊作を祈る郷土芸能と結びついた「田楽」や「猿楽」が生まれました。ここから「能」が誕生し、曲芸的なものは「歌舞伎」へ、笑いの要素のあるものは「狂言」に、奇術は「手妻」へ、人形を使うものは傀儡師(くぐつ)の人形劇から「人形浄瑠璃」へと諸芸に発展して行きます。

平安後期から鎌倉時代になると、専門の集団が座を作り大規模化し、大和猿楽の一座から観阿弥・世阿弥が出て、現代に継承される「能楽」を完成させます。

近世から近代

近世から近代

江戸時代には「歌舞伎」と「人形浄瑠璃」が大きく発達しました。明治時代に入ると、自由民権運動の壮士が思想普及のために大阪で行なった演劇活動「壮士芝居」(後に「書生芝居」)が発展、歌舞伎を古い演劇(旧劇・旧派)とみなし、「新派」が生まれます。

また西洋文化の流入から、坪内逍遥や小山内薫らによる近代演劇運動を経て、「新劇」が誕生。1917年(大正6年)に澤田正二郎が「新国劇」を創立し、その後、剣劇で人気を高めて行きます(1987年に解散し、「劇団若獅子」として活動)。関東大震災の翌年、1924年(大正13年)に常設劇場と付属の劇団名として「築地小劇場」(後に東京大空襲で焼失)が旗揚げされます。「新派」と「新劇」の間に位置したのが、新派俳優で近代劇俳優でもあった川上音二郎でした。

戦後、文学座や俳優座、劇団民藝など、多くの新劇団が生まれ、現在も活動を続けています。また、大正時代・昭和時代には宝塚少女歌劇団や松竹少女歌劇団(後のOSK)など、少女歌劇も発足しました。

現代

現代

戦後、日本の復興に合わせて新劇が盛んになりますが、1960年代以降は小劇場を中心とした新しいスタイルの演劇が誕生します。寺山修司、唐十郎らに代表されるアングラ演劇や別役実の不条理演劇などが全盛となり、1970年代はつかこうへいが一世を風靡し、1980年代には野田秀樹の夢の遊眠社、鴻上尚史の第三舞台ら、学生劇団を出発点とする「小劇場演劇」が東西でブームになりました。80年代から90年代にかけては三谷幸喜、宮本亜門、平田オリザ、松尾スズキ、ケラリーノ・サンドロヴィッチらが登場。その後、劇団公演から劇団枠を超えたプロデュース公演が盛んとなり、蜷川幸雄のシェイクスピアシリーズや長塚圭史、本谷有希子、蓬莱竜太、前川知広ら新たな才能と演劇が次々と生まれています。