ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

エンタメール
劇場・ホール・会館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

劇場・ホール・会館情報

有名なバレエの演目



ここでは、世界的に有名なバレエの演目について解説していきます。

チャイコフスキーの3大バレエ

チャイコフスキーの3大バレエ

「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」。バレエの演目でこれだけは知っておきたい、クラシック・バレエの王道です。

その中の最高傑作が「白鳥の湖」。悪魔によって白鳥の姿に変えられた王女オデットが、ジークフリート王子の愛によって救われる(または2人とも死んでしまう)というラブ・ストーリー。おなじみの名曲に乗って、美しく、幻想的なファンタジーが繰り広げられます。プリマ・バレリーナの優雅な白鳥の動きや、オデットと悪の象徴オディールを1人2役で演じ分けたり、小さな4羽の白鳥の踊りなど、見どころはたくさん。とりわけこの作品はコール・ド・バレエと呼ばれるバレリーナたちの群舞に注目。その構図の美しさを見るため、バレエ通は1階席の後方か2階席を確保するほどです。

クリスマス時期に上演されるのが「くるみ割り人形」です。あるクリスマスの夜、クララは名付け親からくるみ割り人形を贈られます。人形は真夜中に王子に変身、クララをお菓子の国へと誘います。甘くて可愛い、ロマンティックな夢の物語。1幕のおもちゃの兵隊とねずみの大群との戦いは楽しく、花のワルツのコール・ド・バレエはお花畑のように美しく…小さな女の子なら目をキラキラさせ、ウットリすることでしょう。

ペローの童話やディズニーの映画で知られる「眠れる森の美女」。美しいオーロラ姫が、デジーレ王子のキスによって100年の眠りから目覚める、というお話。ロシア・バレエの絢爛豪華な大作で、舞台装置の豪華さも話題になるほど。青い鳥やシンデレラ、赤ずきんちゃんなど、ペローの童話の主人公がたくさん登場するのも楽しい。踊りはふんだんに盛り込まれ、中でもオーロラ姫は出ずっぱりのため、プリマ・バレリーナにとっては、とても体力が必要な役です。

これも押さえておきたいバレエの名作5本

これも押さえておきたいバレエの名作5本

ロマンティック・バレエの最高傑作は「ジゼル」。恋人アルブレヒトに裏切られて息絶えてもなお、精霊となって愛を貫く村娘ジゼルの姿が感動的。白い精霊たちの群舞は、「白鳥の湖」と並び、"白いバレエ"と言われる名シーンです。アルブレヒトにジゼルがリフトされる、愛のパ・ド・ドゥ(男女2人のデュエット)が美しいと言われます。

男性ダンサーが活躍する冒険ものなら「海賊」。地中海を舞台に、異国情緒たっぷりで繰り広げられる恋と冒険の物語です。海賊たちのダイナミックな踊りは迫力満点、奴隷商人にさらわれたメドーラの救出劇にハラハラ、まるでスペクタクル活劇のようです。

明るくて楽しくて、ドタバタ喜劇的要素が入っているのが「ドン・キホーテ」。スペインを舞台にスピーディに展開する、町娘キトリと床屋のバジルの恋のさや当て。ドン・キホーテも狂言回しで登場し、弾ける音楽に、楽しい踊りが次々と。キトリの連続ジャンプも見どころとなります。

フランスバレエの傑作と言えば「コッペリア」。自動人形(ロボット)のコッペリアに、命を与えようとする人形師のお話に、町娘スワニルダの恋が絡んだ楽しい作品。スワニルダが人形師をだましてコッペリアになりすますシーンの、人形振りが見ものです。

シェークスピア作品から生まれた名作が「ロミオとジュリエット」。ご存知、イタリアのヴェローナを舞台に、ロミオとジュリエットの悲恋の物語です。ドラマティックな展開で、バルコニーのシーンが特に有名。ロミオが高々とジュリエットをリフトするテクニックが多用されます。