ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

劇場・ホール・会館情報

歌舞伎などから生まれ
今でも使われる言葉



「あの人、二枚目!」という時の「二枚目」は、実は歌舞伎から生まれた言葉。現代でも普通に使われているものが意外にたくさんあります。そんな歌舞伎発祥の言葉をご紹介します。

実は聞きなじみのある、歌舞伎の言葉

実は聞きなじみのある、歌舞伎の言葉
板に付く
経験を積んで動作や雰囲気が地位や職業にしっくり合うこと。これは、役者の演技が舞台(板)によく調和することから生まれた
一枚看板
団体、大勢の中心人物。江戸時代、芝居小屋に掲げた看板に、一座の売れっ子俳優が描かれたことからきている
市松模様
格子模様の一種。江戸時代の役者・佐野川市松がこの模様の袴を舞台衣装で着ていた
裏方
舞台裏で働く専門的職業の人から、陰で実質的な仕事を受け持つ人のことを差す
お家芸
歌舞伎それぞれの家に伝わる芸から、得意なものを差す言葉に
大立廻り
とっくみあいの派手な喧嘩。大勢が激しく争う演技からきている
大詰(おおづめ)
物事の最終段階。江戸・寛政期の歌舞伎は一番目に時代物、二番目に世話物と2つに分けて上演していて、その時代物の最後の幕を言った言葉からきている。
男前
歌舞伎の世界で前とは動きのこと。動きのいい役者が美しいと評価されたことから、男前というようになった
大向こうをうならせる
大向こうとは、天井桟敷のこと。その席に座った芝居通が名演技に声をかけたことから、賞賛に値することを差すように
十八番(おはこ)
得意芸のこと。市川家がお家芸の歌舞伎十八番の台本を桐箱に入れ保管したのが由来
黒幕
歌舞伎で夜の場面を表したり、場面転換に使ったのが黒幕。そこから表には出ず、陰で操る人のことを差すようになった
黒子(黒衣)(くろこ)
黒衣とは舞台上で役者の介添えをする者のこと。黒を着ているので、見えないという前提。転じて、縁の下の力持ち、表には出ないで物事を処理する人を差す
鞘当(さやあて)
一人の女を巡って二人の男が争うこと。歌舞伎では、武士がすれ違いざま刀の鞘を当たって争うことを趣向の一つとして取り入れ、男二人が遊郭で女を取りあう"鞘当"が定番となった
二枚目・三枚目
美男子は二枚目、滑稽な人を三枚目という。江戸時代の大坂(大阪)の劇場では、若手の和事師(やわらかい演技を得意とする役者)を劇場看板の二枚目に書き、三枚目に道化役を書いたことからきている
修羅場
芝居の戦闘場面をこう呼んだことから、激しい争いのことを差す
世話女房
貧乏や病気の庶民を描く場面を世話場、そこに出てくる妻を世話女房といった
千両役者
年に千両の給金をもらう役者。ここから芸、風格をともなった人気役者を差す
だんまり
何も言わないことをだんまり。歌舞伎では暗闇の場面で台詞を発せず、黙った互いを探り合う演出、場面を言う
とちる
芝居で台詞を忘れたり言い間違えることをとちると言い、そこから失敗することを差す
泥仕合
泥まみれの立廻りのこと。ここから醜い争いを差す言葉に。
どんでん返し
物事が最後になってひっくり返ること。歌舞伎の舞台で、大道具を90度後ろへ倒し、次の場面へと転換すること、またはその装置をどんでん返しと言ったのが由来
なあなあ
慣れ合い、いい加減にすませること。歌舞伎の演技のひとつで、登場人物の一人が、もう一人へなあと声をかけると、相手がなあと返すことからきている
のべつ幕なし
絶え間なく続くこと。幕間のない長い芝居を差した言葉からきている
幕の内弁当
幕間に食べる弁当から発して、俵形のおむすびとおかずを詰め合わせた弁当を一般的にこう呼ぶようになった
幕を引く
舞台の定色幕を引き芝居が終わることから、物事の終わりを差す言葉に
見得(みえ)
見せ場でポーズを決める歌舞伎独特の演技。ここから、見栄えよくすることを見得をきるというようになった
見せ場
芝居で最も重要な場面を見せ場と呼んだのが由来