ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

劇場・ホール・会館情報

有名な落語の噺



江戸落語、上方落語それぞれの有名な噺を、いくつかピックアップしてご紹介します。

江戸落語

芝浜(しばはま)

三遊亭圓朝が作った人情噺の名作です。腕がいいくせに酒びたりの日々をおくる魚屋・魚勝が、芝の浜で大金の入った財布を拾い、仲間を呼んで大盤振る舞い。泥酔して寝込んだ翌朝、女房に「夢だ」と言われ一念発起、家業に精励し借金を返済し、魚屋のあるじとして成功します。大みそかの夜、3年間だましていたと財布を出して告白する女房の思いに改めて心打たれ、しみじみ夫婦の絆を確かめ合い…。夫婦の絆を描く、人間再生の美談です。

火焔太鼓(かえんだいこ)

五代目古今亭志ん生と古今亭志ん朝が、それぞれに持ち味を発揮、名演を見せた名作です。道具屋の主人・甚兵衛は、好人物だがトンチンカンで商売下手。うるさいカミさんに侮辱され、大名屋敷へ行って、引け腰ながら御用人様へ太鼓を出すと、これは名器の火炎太鼓、と300両でお買い上げ。フラフラになって凱旋し、カミさんの目の前に現ナマを積むと…。ボンクラ亭主がジャジャ馬女房に一世一代の逆転勝利する設定に、一言一言が笑いを生む噺です。

文七元結(ぶんしちもっとい)

三遊亭圓朝が作ったと言われる人情噺の大作です。五代目古今亭志ん生、八代目林家正蔵、六代目三遊亭圓生の名演が知られています。名人気質の左官・長兵衛は博打に手を染め転落の人生。娘・お久は自ら廓(くるわ)へ身を売ろうとしますが、吉原の大店・佐野槌(さのづち)の女将は長兵衛を呼び出し、五十両を貸し与えます。期限は来年の大みそか。それを超えたら店に出す、と。娘の涙に自戒した帰り道、財布をすられ身投げしようとしていた近江屋の手代・文七に五十両を投げ渡してしまいます。が、近江屋では財布が見つかっており、文七の話を聴いて感服したあるじの卯兵衛が、なんとか渡し主を探し出す。大げんか中の長兵衛と女房の家を訪ねると、「一度手放した金はオレのもんじゃねぇ」と、押し問答になるが…。いかにも江戸人好みのストーリーと価値観で構成、ドラマチックな展開に、大真打ちの手掛ける大作として扱われてきました。

他に、ウブな若者に廓(くるわ)遊び伝授の騒動を描く「明烏(あけがらす)」、大名が初めて食べたおいしいサンマ体験の噺「目黒のさんま」など。

上方落語

三十石夢の通い路

「三十石」「三十石浮かれの舟唄」とも言います。喜六(きーこー)と清八(せいやん)が、大阪から伊勢参宮に行き、大津から京都見物を済ませ、大阪へ戻るオムニバス長編大作の「東の旅」シリーズの完結編。ハメモノや舟唄が入り、五代目桂文枝が得意としました。京都・伏見の浜から舟で大阪へ。淀川で舟唄を楽しみ、寝ている間に乗客の中で五十両の盗難騒ぎが起こり、大騒動。船頭の気転によって無事お金が戻るという噺です。

地獄八景亡者戯

きちんとやると1時間以上かかる大ネタです。戦後に三代目桂米朝が今日のように整理し、得意ネタのひとつにしました。喜六が鯖にあたり、あの世へ行って大騒ぎを起こす、ご陽気な地獄ツアー。伊勢屋の御隠居や芸者に舞妓らを引き連れた若旦那らと地獄旅を共にし、たくさんの鬼や閻魔大王らが登場します。はめものも盛りだくさんで楽しく、演者次第で地獄の風景が多彩に演出され、上方落語の醍醐味が味わえます。ドラマチックなため、芝居として上演されることも。

駱駝の葬礼(らくだのそうれん)

「らくだ」と表記することが多い名作中の名作。東京でも同じ題で演じられています。六代目笑福亭松鶴の得意ネタとして知られる大作です。長屋で"らくだ"という名の遊び人が死に、発見した能天の熊五郎が、いやがる家主らを脅して酒肴を用意させ、たまたま通りがかった気の弱い紙くず屋と二人で通夜のまねごとを始めます。酒が入ると人が変わったように強くなった紙くず屋と立場が逆転。らくだの遺体を火屋へ運ぶ途中、道で落してしまい…。六代目松鶴は酒のシーンを演じさせると秀逸であり、大阪弁のだみ声でまくしたてる熊五郎の描写も語り草に。

他に、番頭の心理描写がポイントとなる大作「百年目」、帯屋・久七の大金ねこばば事件のお裁き噺「帯久」、喜六と清八が野崎観音へ詣でる舟旅ではめものが賑やかな「野崎詣り」など。