ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

劇場・ホール・会館情報

吉本興業専用劇場の歩み



ここでは、吉本興業専用劇場の歴史について紹介します。

吉本興業専用劇場の誕生から漫才ブームまで

吉本興業専用劇場の誕生から漫才ブームまで

1912年(明治45年)4月1日、天満天神裏の盛り場で、吉本吉兵衛・せい夫婦が"天満ハ軒"と呼ばれる中の「第二文芸館」を入手したのが第1号と言われています。1913年(大正2年)、吉本興行部を設立し、次々と寄席を入手し、チェーン化。1915年(大正4年)、「蓬莱館(旧金沢亭)を買収して「南地花月」と改めるなど、各地の劇場も地名に「花月」を付けて改称、統一していきます。1922年(大正11年)には30近い寄席を持ち、演芸界を制覇。1941年(昭和16年)、全国主要都市の直営劇場・事業所は60ヵ所に。

しかし、1945年(昭和20年)、戦災で劇場の大半を失い、洋画の上映を主体にして劇場興業を再開。京都・新京極の花月劇場で演芸を続けたものの、1948年(昭和23年)、映画館に転向することになります。

1959年(昭和34)、梅田(グランド)花月劇場を映画館から演芸場「うめだ花月」に切り替え、1962年(昭和37年)には「京都花月劇場」を演芸館として復活、翌年、千日前グランド劇場を「なんば花月」として開場しました。すべて映画館から演芸場へ転換し、「うめだ」「京都」「なんば」の3大演芸場が、関西のお笑い界を牽引するようになります。

漫才ブーム以降の劇場展開

漫才ブーム以降の劇場展開

漫才ブーム真っただ中の1986年(昭和61年)、心斎橋の吉本ビルで日立ホール、南海ホールと続いた場所を「心斎橋2丁目劇場」に。千原兄弟ら若手芸人の活動劇場としてオープンし、若者たちの熱いブームを呼びます。関西の演芸場が次々と閉館するなか、吉本も老朽化した3大劇場を見直し、1987年、千日前に吉本会館を新設。翌年に閉館するなんば花月に変わり、「なんばグランド花月」(NGK)を開場。関西のお笑いの本拠地となります。

90年代には東京を皮切りに"全国吉本化戦略"を展開、全国に吉本の専用劇場を設置し始めます。1994年、東京に「銀座7丁目劇場」、1995年に「渋谷公園通り劇場」、名古屋には1993年「吉本広小路小劇場」を開場しますが、1997年に閉館し「吉本栄3丁目劇場」をオープンします。

1999年、「心斎橋2丁目劇場」に変わり、若手の活躍する「baseよしもと」がオープン。福岡にも「吉本111劇場」を開場(翌年「吉本ゴールデン劇場」に改称)。そして2001年、東京・新宿に「ルミネtheよしもと」がオープンします。

2006年には、東京・渋谷に「ヨシモト∞ホール」、若手のお笑い芝居小屋「浅草花月」、翌年「神保町花月」が次々とオープンし、東京での漫才ブームを支えました。

「baseよしもと」は2010年に閉館し、翌年同じビルの5階上に「5UPよしもと」として移行するなど、さまざまな劇場の誕生と閉館を経てきた吉本興業の専用劇場。大阪では「なんばグランド花月」、「5UPよしもと」、2011年にオープンした「よしもと祇園花月」、東京では「ルミネtheよしもと」、「ヨシモト∞ホール」、「神保町花月」、「浅草花月」で、連日熱いライブが繰り広げられています。