ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

劇場・ホール・会館情報

大型ホールで開催される
商品展示イベント



商品展示イベントとは、テーマに沿ったさまざまな商品を一堂に集め、来場者に紹介するイベントのことで「○○市」「○○博」「○○マーケット」「○○見本市」「○○展示会」などと呼ばれています。一年に一回、または数回定期的に行なわれ、新製品を展示紹介します。現場で購入できるものから展示とデモンストレーションのみのもの、誰でも入場可能なものから関係者に限定されるものなど、そのイベントの内容によって形態はさまざまです。

商品展示イベントのメリット<出展社側>

商品展示イベントのメリット<出展社側>

出展側にはビジネスチャンスという大きなメリットがあります。小さな企業ならばよい製品を作っても、多くの人に知ってもらうことが難しい場合がありますが、商品展示イベントに参加することで、多くの来場者に見てもらうことができます。専門性の高い商品であれば、そのイベントの来場者は関係者であることが多いですから、「知って欲しい」ひとたちにダイレクトに商品を紹介することが可能となります。商品の説明も直接できるためPR効果も高く、そのまま商談へと持ち込むことも可能です。

また、多数の同業者が一堂に会するので、業界の最新動向を見ることができますし、来場者の反応から今後の商品企画・開発に役立つ情報を得ることができるといえます。

商品展示イベントのメリット<来場者側>

商品展示イベントのメリット<来場者側>

多数の企業の商品を一度に比較検討できます。特に特殊な機械、大型機械などの場合、一度に複数の商品を見られるというのは貴重な機会となります。開発担当者や営業担当者が現場にいることが多く、質問や商談が手早くできるというメリットもあります。商品選定から商談までの時間的ロスを省くことができるというわけです。

一般消費者を対象とした商品展示イベント

一般消費者を対象とした商品展示イベント

関係者に限定したビジネス色の強いイベントのほか、一般消費者も対象とした大規模なイベントも多々あります。こちらの場合は商談の機会というよりも、新製品を紹介しながら楽しんでもらおうという娯楽性の強いイベントです。おもちゃ博、ペット博、アウトドア博、食博などが人気で多くの来客数を誇ります。

好きなジャンルの商品ばかりが集まるわけですから、好きな人にとってはたまらないイベントといえるでしょう。

同人誌即売会が人気とともに大規模化した「コミケ」

同人誌即売会が人気とともに大規模化した「コミケ」

ここで、もとは小さな集まりだったものが一大イベントに成長した「コミケ」の例を紹介しましょう。個人やグループが作った機関誌(=同人誌)を売買する「同人誌即売会」は、参加者が増えるにつれ規模が大きくなり、出版社の参加、コスプレを楽しむ人などが話題になるなどして社会現象にまでなりました。国内最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」は年に2回、東京国際展示場(ビックサイト)で行なわれ、来場者は50万人を超える巨大な商品展示イベントです。

日本国内の主な見本市・展示会会場

日本国内の主な見本市・展示会会場

イベント開催にあたっての人件費、諸経費のほか、来場者の宿泊費、飲食費、イベントでの商談(買い物)等々でこのイベントがもたらす経済効果は非常に大きなもので、それを見込んで見本市の誘致を積極的に行なう都市も多くあります。大規模な見本市・展示会が行なわれる主な会場は、次のとおりです。

商品展示イベントの探し方

商品展示イベントの探し方

一般消費者を対象としたものならば、話題のものはテレビやニュースで多く取り上げられます。電車や駅の広告などで宣伝されていることもあります。たとえばペット関連ならばペット雑誌など、専門誌で紹介されることも多いです。

専門的なイベントの場合は、業界新聞や業界団体のWEBサイトなどでの告知が一般的です。