ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

劇場・ホール・会館情報

舞台やホールのお仕事図鑑:
イベント関係



世の中には、さまざまなイベントがあります。各種展示会、音楽コンサート、スポーツイベント、こども向けイベント等々。町内の夏祭りのような手作りの小さなものから、オリンピック、ワールドカップ、万博といった世界規模のものまで、多種多様です。

このようなイベントに関わる仕事にはどのようなものがあるでしょうか。その仕事につくためにはどうすればいいのでしょう。数え切れないほどの仕事がありますが、主なものをご紹介します。

イベントプランナー、プロデューサー

イベントプランナー、プロデューサー

イベントの企画や運営をする人のことをいいます。情報収集にはじまり会場づくり、宣伝、告知、費用の管理など仕事は多岐にわたります。大きなイベントになればプランナーの数は増え、仕事を分担することになります。小さなイベントであれば一人で全部担当するという場合も珍しくはありません。プロデューサーはイベントの企画運営を統括するポジションで、プランナーがプロデューサーを兼任する場合もあります。

プランナーやプロデューサーはイベント企画会社や広告代理店などに所属していることが多く、たとえば音楽に強い、スポーツ専門、など得意とするイベントの企画立案を強みとして仕事を受注している場合が多いようです。それだけイベントの種類は多岐にわたり、必要とされる知識やノウハウも異なってきます。

その仕事を一言で言えば来場者が楽しめるイベント作り上げ成功に導くことでしょう。そのための的確な企画力、判断力、多くのスタッフをまとめ上げるリーダーシップが必要な、とても重要な仕事と言えます。

イベントディレクター

イベントの制作現場の責任者のことをいいます。会場のデコレーション、音響、照明、商品や配布物、客席の整備など多岐にわたる現場の仕事を、スタッフに指示を出しながら円滑に進めていくのがイベントディレクターの仕事です。

イベントスタッフ

イベントの現場で働くのがイベントスタッフ。小さなイベントではひとりで何役もこなさなければなりませんし、大きなイベントなら何千人というスタッフが仕事を分担して動きます。会場整理、場内誘導、物品販売など来場者と接する仕事から、搬入や撤収作業、物品の管理、音響照明など専門的な仕事や出演者のフォローなどその仕事は多種多様です。

イベント関係の仕事につくためには

イベント関連の仕事を体験してみたいならイベントスタッフ専門の派遣会社に登録するのがいいでしょう。派遣スタッフが担当する仕事は、当日の会場案内、物品販売、受付、搬入や撤収などといった、簡単な研修を受ければすぐにできるものが中心です。また英会話が得意、接客の経験がある、そのイベントに必要な専門知識や資格があるなどという場合も歓迎されるでしょう。

派遣スタッフの仕事は、イベントの現場を垣間見るには絶好の機会といえます。現場でディレクターと顔見知りになれれば、業界の情報を教えてもらえるかもしれません。

照明、音響、舞台装置制作など特殊分野に関わりたいならば、それを専門とする会社に就職するのが近道でしょう。そのために専門学校や大学などで専門分野を学ぶ道もあります。

イベントの企画立案にかかわりたいなら、企画会社や広告代理店などに入るのが一般的です。また、例えばアウトドア商品のメーカーに就職してアウトドアイベントを担当する、などということも考えられます。

イベントにかかわる仕事につくのに最も大事なことは「人が集まる場所が好き」「力を合わせて何かを作り上げたい」「大勢の人を楽しませたい」といった、強い気持ちかもしれません。