ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

エンタメール
劇場・ホール・会館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

劇場・ホール・会館情報

舞台・ホールに関する資格情報



華やかで活気あふれるイベントやコンサートを体験して、裏方の仕事をやってみたい、現場の一部を担いたいと感じる人は多いでしょう。裏方と一言でいってもその仕事は実に多種多様、数え切れないくらいあるわけですが、その中に「資格」の必要な仕事はあるのでしょうか?

就職や転職に役に立つ資格

就職や転職に役に立つ資格

舞台やホールにかかわる仕事のなかには、医師のように「その資格がなければ従事することはできない」という資格はありません。しかし、現場で学びながら勉強し知識と経験を増やし、その成果として上位資格を得るという向上心は常に必要でしょう。また資格を取得することで自分の持つスキルを分かりやすく伝えることができるようになり、就職、転職の際に役立つでしょう。

ここでは舞台やホールにかかわる仕事に関連する資格について、いくつかご紹介します。

・舞台機構調整技能士

厚生労働省が認定する、舞台に関する唯一の国家資格です。3級の初級から1級の上級まであり、どれも作業試験と要素試験の2種類の試験で構成されています。

中央職業能力開発協会(JAVADA)のwebサイトによると、作業試験は「課題の音源について、音響機器を用いてセッティング及びリハーサル、本番としてのミキシング(音出し)、原状復帰を行う。」とあり、要素試験は「CDに記録された種々の音を聞いて、その内容の判別について行う。」とあります。受験資格として実務経験などが必要です。

・音響家技能検定

一般社団法人日本音響家協会が実施する音響技術者に必要な能力を検定する検定試験です。3級から1級まであり、3級は実務経験不問、1級ではチーフエンジニア相当の能力が求められます。日本音響家協会のwebサイトによると、3級は「音響技術者として基礎的な作業を学ぶ実技中心の講座を受講したのち、筆記試験を受験する」とあります。1級では「音響理論に関する筆記試験とビッグバンドのミキシングと演劇の効果音再生に関する操作経験を査定」するとあります。

・映像音響処理技術者

一般社団法人日本ポストプロダクション協会が実施する民間資格です。映像・音響関連の仕事に最低限必要な技術の基礎知識を正しく理解することを目的とした資格で、受験資格は特になく、誰でも受験することができます。試験はマークシート方式の筆記試験です。

・舞台・テレビジョン照明技術者技能認定

社団法人日本照明家協会が実施する民間資格です。舞台照明の仕事に携わる人向けのもので、基礎技能について学ぶ初級者対象の2級と、責任者として仕事を進めることのできる上級者対象の1級があり、講座を受講したあと技能認定試験を受験することになります。どちらも実務経験などが必要です。

・イベント業務管理士

一般社団法人日本イベント産業振興協会が実施する民間資格。イベントを管理する人材に必要なスキルやノウハウを身につけるための資格で、2級と1級からなります。どちらも年齢や実務経験などの受験資格が必要です。

・ピアノ調律技能士

厚生労働省が認定する、ピアノ調律師を対象とした国家資格。ピアノの調律はピアノを使うイベントやコンサートに必要とされる仕事です。3級から1級まであり、学科・実技の両方に合格することで各級の「ピアノ調律技能士」を名乗ることができます。初級の3級ではアップライトピアノの基本的な調律ができること、上級の1級ではグランドピアノの調律ができることが目安となっています。受験には実務経験などが必要です。