ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

劇場・ホール・会館情報

その他世界の訪れたい劇場



ヨーロッパの国々に長く植民地支配されていた歴史もあり、中南米をはじめとする世界の国々にはヨーロッパ文化が香る赴き深い劇場が数多くあります。観光客も好んで訪れる代表的な劇場を紹介します。

各国の名劇場を巡る旅もおもしろい!

各国の名劇場を巡る旅もおもしろい!

有名なオーストラリア・シドニーのオペラハウスなど、ヨーロッパの劇場と肩を並べる名劇場がいろいろ。観劇はもちろん、建築物として鑑賞する旅も一興でしょう。

シドニーオペラハウス(オーストラリア)

シドニーオペラハウス(オーストラリア)

オーストラリアのシンボルとしても世界的に有名なオペラハウス。1973年に竣工した20世紀を代表する近代建築物で、2007年に世界文化遺産に登録されました。貝殻や帆船の帆を思わせる美しい外観は、観光客の記念写真撮影の定番スポットとなっています。内部にはコンサートホール、オペラ劇場、ミュージカルや演劇が上演されるドラマシアター、小規模のスタジオシアターが揃い、コンサートホールに設置されている世界最大の機械式パイプオルガン「グランドオルガン」は圧巻です。シドニー・シアター・カンパニー、オペラ・オーストラリア、シドニー交響楽団の本拠地でもあります。

アマゾナス劇場(ブラジル)

アマゾナス劇場(ブラジル)

1896年、アマゾン川河口から約1500kmのマナウスに建築されたオペラハウス。イタリア・ルネッサンス様式の建築物で、建材はすべてヨーロッパから輸入されたもの。ブラジル国旗をタイルで描いたドーム屋根や、イタリア大理石の階段など、華やかなオーラがあります。収容700人と小規模ですが、毎日のようにオペラやクラシックコンサートが上演されており、観光客も多く訪れています。

テアトロ・コロン(アルゼンチン)

テアトロ・コロン(アルゼンチン)

パリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座と並ぶとされるオペラ劇場。首都ブエノスアイレスに1857年に竣工(初代)、現在のものは1908年に竣工した二代目です。約3,500人を収容できる劇場は音響効果の素晴らしさでも知名度が高く、ヨーロッパがシーズンオフとなる5月~11月に世界的に有名なオーケストラやバレエ団が公演を行ないます。劇場内には、舞台装置や衣装を製作する工房もあります。

ウォード劇場(ジャマイカ)

ウォード劇場(ジャマイカ)

首都キングストンの中心部に立つ壮麗な劇場で、現存するカリブ最古の国立劇場。1912年に完成しましたが、当初の30年ほどは白人上流階級だけが観劇できる社交場でした。1941年に白人系ジャマイカ人がミュージカル・コメディとして人気だったパントマイムを上演するようになってから、国民の9割を占める黒人にも観劇文化が浸透し、当劇場も国民の憩いの場になっています。