ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

大阪松竹座のご紹介



ここでは、大阪松竹座の歴史や、過去に公演された歌舞伎についてご紹介していきます。

洋式劇場として道頓堀に誕生

大阪松竹座

大阪松竹座は、1923年(大正12年)に関西で初めての洋式劇場として道頓堀に誕生しました。

建物は、大林組の木村得三郎によって設計され、アメリカ製のテラコッタを使用したネオ・ルネッサンス様式の正面大玄関のアーチが特徴です。

1923年(大正12年)5月17日に開館し、柿落とし記念公演では、エルンスト・ルビッチ監督のドイツ映画「ファラオの恋」、野村芳亭監督の映画「母」が上映され、松竹楽劇部(現:OSK日本歌劇団)による「アルルの女」が上演。

1926年(大正15年)4月には、松竹座を本拠地としていた松竹楽劇部によるレビュー「春のおどり」の第1回公演が行なわれました。

演劇専門の設備を備えた劇場

その後、戦前は主に洋画を、戦中・戦後は邦画封切館として興行し、1952年(昭和27年)7月からは洋画封切館として名作を上映しましたが、1994年(平成6年)5月に洋画封切館としての役割を終え閉館となりました。

そして、シンボルだった正面の大アーチを残したまま改装され、1997年(平成9年)2月に最新の舞台機構と設備を備えた劇場として、大阪松竹座が新築開場。このときの新築開場祈念式典では、市村羽左衛門丈、中村鴈治郎丈、片岡孝夫丈による祝事用の舞踊『寿式三番叟』を披露。

1997年(平成9年)7月には、大阪松竹座初となる「関西・歌舞伎を愛する会 第6回 七月大歌舞伎」が公演され、以来、毎年7月に「関西・歌舞伎を愛する会」の歌舞伎公演が行なわれます。

また、大阪松竹座では、歌舞伎公演の他にも松竹新喜劇や歌劇、ミュージカル、コンサートなどのあらゆる舞台芸術が上演されています。

過去に公演された歌舞伎

2015年(平成27年)

  • 松竹創業120周年 関西・歌舞伎を愛する会 第二十四回「七月大歌舞伎」
  • 松竹創業120周年 「六月花形歌舞伎」
  • 松竹創業120周年 中村翫雀改め四代目中村鴈治郎襲名披露「二月大歌舞伎」
  • 松竹創業120周年 中村翫雀改め四代目中村鴈治郎襲名披露「壽初春大歌舞伎」

2014年(平成26年)

  • 十月花形歌舞伎
  • 関西・歌舞伎を愛する会 第二十三回「七月大歌舞伎」
  • スーパー歌舞伎II(セカンド)空ヲ刻ム者 -若き仏師の物語-
  • 坂東玉三郎 初春特別舞踊公演

2013年(平成25年)

  • 十月花形歌舞伎
  • 関西・歌舞伎を愛する会 第二十二回「七月大歌舞伎」
  • 上方歌舞伎鑑賞会
  • 二月花形歌舞伎
  • 二代目市川猿翁、四代目市川猿之助、九代目市川中車 襲名披露「壽初春大歌舞伎」

劇場情報

劇場名 大阪松竹座施設情報を見る
所在地 〒542-0071
大阪府大阪市中央区道頓堀1-9-19
連絡先 06-6214-2211
アクセス 地下鉄 御堂筋線・四つ橋線・千日前線「なんば駅」14号出口より徒歩1分
ホームページ http://www.shochiku.co.jp/play/shochikuza/
設備 1階:エントランス
2階:メインロビー
3階:劇場1階席
お食事処・売店、パウダールーム
座席数 全1,033席(1階:553席、2階:282席、3階:198席)
車いすスペース有り