ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

御園座のご紹介



ここでは、御園座の歴史や、過去に公演された歌舞伎についてご紹介していきます。

名古屋で唯一、大歌舞伎が観劇できる劇場

御園座

「東西に負けない、一流の劇場を名古屋につくりたい」という創業者・長谷川太兵衛氏の決意のもと、1896年(明治29年)に名古屋劇場株式会社を設立。翌年の1897年(明治30年)5月に御園座が開場しました。

5月17日から始まった初代市川左團次一座の『浜真砂蒔絵高島』などの杮葺落興行は、入場できなかった人が劇場前にあふれ、劇場内は爪先立ちになる程の大盛況だったと言われています。

1935年(昭和10年)には二代目の劇場が開場しますが、その後、1945年(昭和20年)第2次世界大戦の空襲と、1961年(昭和36年)の火災により2度焼失。1963年(昭和38年)、地元の人々や役者らの熱望もあり、四代目のときに建物が完成しました。

地下2階、地上8階建ての近代的なビルは総合レジャービルとしての役割を担い、その中に劇場も入るという当時としては珍しいスタイル。翌月には十一代目市川團十郎の襲名披露興行が催され、華々しく開場。

以来、歌舞伎をはじめ歌謡ショーの舞台などが行なわれ、芸どころ名古屋を象徴する劇場として、長きにわたり親しまれています。特に歌舞伎とのかかわりは深く、御園座は開場以来、大歌舞伎が観劇できる名古屋で唯一の劇場として人気を博し、新装開場時など節目となるときには、必ず歌舞伎を上演。定期的に歌舞伎に親しめる名古屋の名所として、浸透してきました。

歌舞伎を愛する役者、ファンに惜しまれつつ一時閉館

完工当初は、日本を代表するようなモダンな建物として注目を集めましたが、築50年近くを迎えた頃に老朽化が懸念され、現行の耐震基準を満たしていないとして建替えを発表。

御園座は、建替えに伴い2013年(平成25年)3月末に一旦閉館。閉館前の最後の公演には、市川猿之助氏や市川中車(香川照之)氏らが出演し、地元の人のみならず歌舞伎ファンたちが名残惜しみました。

2015年(平成27年)4月1日には、「栄一丁目御園座共同ビル計画(仮称)」の建物本体工事を着手、建築家の隈研吾氏監修の下、名古屋の歴史と文化を受け継ぎながらも、新時代にふさわしい機能を備えた御園座をはじめ、商業施設や分譲マンションなどが入る複合施設として生まれ変わるべく工事がスタート。

建物の完成後、劇場部分のみ御園座が積水ハウスから買い戻す方針で、その他の建物や土地は引き続き積水ハウスが所有する予定です。

過去に公演された歌舞伎

2015年(平成27年) ※別会場にて公演

  • 三月大歌舞伎

2014年(平成26年) ※別会場にて公演

  • 吉例顔見世
  • 六月大歌舞伎
  • 二月花形歌舞伎

2013年(平成25年)

  • 吉例顔見世
  • 坂東玉三郎特別舞踊公演
  • 二月大歌舞伎

2010年(平成22年)

  • 吉例顔見世
  • 五月花形歌舞伎

2009年(平成21年)

  • 吉例顔見世
  • 陽春花形歌舞伎

2008年(平成20年)

  • 吉例顔見世
  • 陽春大歌舞伎

2007年(平成19年)

  • 吉例顔見世
  • 陽春花形歌舞伎

劇場情報

劇場名 御園座施設情報を見る
所在地 〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄1-6-14
連絡先 052-222-8222
アクセス 名古屋市営地下鉄「伏見駅」6番出口より徒歩2分
ホームページ http://www.misonoza.co.jp/
建物(予定)
外観伝統的な「なまこ壁」の意匠を伝承
エントランス朱色を基調としたアプローチ
ホワイエ吹き抜けと朱色のインテリア
ホール「御園座」の伝統と格式を受け継ぐ

演劇図書館(2階)中部地区唯一の演劇専門図書館を開館予定。歌舞伎の絵番付(プログラム)や役者の化粧を和紙に写した隈取り、芝居の台本、文楽の義太夫のレコードなど、古典芸能の資料や最新情報を公開。

座席数(予定) 総席数 1,298席