ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト劇場・ホール・会館リサーチ

新橋演舞場のご紹介



ここでは、新橋演舞場の歴史や、過去に公演された歌舞伎についてご紹介していきます。

芸妓の技芸向上を願って造られた劇場

新橋演舞場

新橋演舞場は、1923年(大正12年)に多くの専門家が集まって着工、1925年(大正14年)4月に定員1,679人、3階建ての立派な劇場が完成し、新築開場を迎えました。

場所は、当時の東京市京橋区木挽町10丁目14番地(のちの6丁目9番地、現在の中央区銀座6丁目18番2号)。奇しくもこの地は、「鏡山旧錦絵(歌舞伎の演目のひとつ)」のお初が、主人尾上の敵である岩藤を討った松平周防守の下屋敷跡。新橋演舞場ができる以前は、狭い川に面して荒れ果てた空き地になっていて、草木が鬱蒼と茂っていた不気味な場所だったと伝えられています。

元々は、新橋芸妓組合の頭取だった川村徳太郎(芸者屋屋号森川家)が、京都や大阪には立派な演舞場や歌舞練場があるのに、東京にはないということを常々残念に思っていたことにより、演舞場の建設が発案されました。

新橋芸者の技芸向上を願い「東をどり」を披露する場として、五業組合の協賛の下、新橋演舞場株式会社を設立(資本金200万円)。建築途中で関東大震災に遭い、一時工事を中止するという事態に見舞われながらも、およそ20ヵ月にわたる工事が無事に完了し、開場の日を迎えました。

戦禍を乗り越え、新システムを備えた演舞場としてスタート

1940年(昭和15年)には、松竹株式会社と興行契約を結び、松竹が興行面を請け負うことになります。しかし、第2次世界大戦下では、空襲のために外周りを残して焼失。1948年(昭和23年)に復興されたものの、終戦直後の再建だったこともあり、舞台の規模を活かす舞台機構や設備などの面で、新しい昭和の時代に見合った機能や消防法などに対して、次第に応えられなくなっていきます。

そこで1982年(昭和57年)には、日産自動車本社ビルとの複合ビルとしてリニューアル。最新のシステムを導入すると共に、ゆとりのある客席、正面玄関のレンガ造りなど旧演舞場設計の精神と趣を大切に受け継ぐ演舞場として今なお人々に親しまれ、中でも名物の公演と言えば「東をどり」です。

設立の目的である、新橋芸者の技芸向上を披露するための舞台として開場以来続けられ、第2次世界大戦による中断を経ながらも1948年(昭和23年)に再開。東京の風物詩として、時代を超えて好評を博しています。

自由な歌舞伎のスタイルを提供、スーパー歌舞伎の発信地に

その他にも新橋演舞場では、歌舞伎や新派、新喜劇、ミュージカル、新国劇、前進座、歌手による公演、芝居公演など、新旧問わず多彩なジャンルの公演を行なっています。特に歌舞伎は、近くにある国立劇場では実現が難しいような実験的な公演や創造の場を提供し続けています。これまでにも、東西合同の大歌舞伎が行なわれた他、昭和初期には青年歌舞伎が企画され、若手が初役に挑戦する機会にもなりました。

さらに1986年(昭和61年)からは市川猿之助一座が、新橋演舞場をスーパー歌舞伎の創作の本拠地として、意欲的な取り組みをスタート。初演となったスーパー歌舞伎『ヤマトタケル』では日本古代の英雄物語を題材に、歌舞伎の要素にオペラや新劇、京劇のスタイルを組み込み、大胆な場面展開をするなど斬新な舞台を披露しました。

その後も様々な新演出を試みるなど、歌舞伎の大衆化を目指し、スペクタクルを重視したスーパー歌舞伎は、新時代の歌舞伎として毎回、話題を呼んでいます。

過去に公演された歌舞伎

2015年(平成27年)

  • 松竹創業120周年 スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド) ワンピース
  • 歌舞伎NEXT 阿弖流為
  • 初春花形歌舞伎

2014年(平成26年)

  • 十月花形歌舞伎
  • スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド) 空ヲ刻ム者―若き仏師の物語―
  • 初春花形歌舞伎

2013年(平成25年)

  • 九月大歌舞伎
  • 三月花形歌舞伎
  • 壽 初春大歌舞伎

2012年(平成24年)

  • 十二月大歌舞伎
  • 吉例顔見世大歌舞伎
  • 芸術祭十月大歌舞伎
  • 秀山祭九月大歌舞伎
  • 八月花形歌舞伎
  • 七月大歌舞伎
  • 六月大歌舞伎
  • 五月花形歌舞伎
  • 四月花形歌舞伎
  • 三月大歌舞伎
  • 二月大歌舞伎
  • 壽 初春大歌舞伎

劇場情報

劇場名 新橋演舞場施設情報を見る
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座6-18-2
連絡先 03-3541-2600
アクセス 東京メトロ日比谷線・都営浅草線「東銀座駅」6出口より徒歩5分
都営大江戸線「築地市場駅」A3出口より徒歩3分
ホームページ http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/
http://www.shinbashi-enbujo.co.jp/
設備 地下2階:ラウンジ東(あずま)
地下1階:女性用レストルーム
1階:エントランス、ロビー、1階客席、ドリンクカウンター、売店
2階:2階客席、インフォメーション、食堂「雪月花」、
   そば・喫茶「かべす」、ドリンクカウンター、売店
3階:3階客席、インフォメーション
座席数 全1,428席(一幕見席なし)