ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

エンタメール
劇場・ホール・会館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

東座のご紹介



ここでは、東座の歴史や、過去に公演された歌舞伎についてご紹介していきます。

地歌舞伎の栄枯盛衰を伝える芝居小屋の歴史

東座

東座は、岐阜県加茂郡白川町の黒川地区(旧黒川村)にある芝居小屋です。かつて黒川村には、東黒川に「東座」、中黒川に「春日座」、西黒川に「共進座」と言う3つの芝居小屋があり、地歌舞伎が盛んに行なわれていました。

中でも東座は、1889年(明治22年)、地元の人たちの手によって最初に舞台部分のみが建てられ、野外で観客が観劇するスタイルでした。1900年(明治33年)に客席部分が増設され、現在のような劇場型の芝居小屋になったのです。

昭和30年代に入ると、多様な娯楽文化に押されて次第に老朽化が進み、衰退の一途をたどる中、時期を同じくして他の芝居小屋は閉鎖に追い込まれ、建物も徐々に取り壊されることに。加茂郡に残る芝居小屋は、東座のみとなってしまいます。

そのような時代の潮流の中で、東座も深刻な老朽化から使用禁止となり、取り壊しの危機に直面します。しかし、地元の財産として存続を望む声も多く、なかなか結論が出ないまま、放置されて朽ちていってしまいました。

故中村勘三郎氏が復興記念公演を実施し、名誉館主に

昭和60年代頃から湧き起った、歌舞伎をはじめとした日本古来の文化に改めて目を向け、継承していこうという気運の高まりを受け、地元住民により東座芸能保存会を結成。1989年(平成元年)から、地歌舞伎の文化と共に東座を蘇らせようと本格的に修復が実行され、2年後の1991年(平成3年)には故中村勘三郎氏を名誉館主に迎え、復興を遂げました。そのときの杮落し公演では、勘三郎氏が記念公演を行ない、大いに賑わいました。

保存会では、東座での公演や行事の実施、管理、運営をはじめ、歌舞伎の指導なども行なっています。町からの運営費の補助などを受けることなく運営しており、役者たちが出し合った資金や東座の使用料、歌舞伎の出演料などで運営費をやりくりしながら、芝居小屋を維持。

厳しい運営を強いられながらも、歌舞伎にかける情熱と歴史ある地歌舞伎や東座を後世に伝えるため、ボランティアを中心に使命感と熱意で支えられ、現在は、年に1回開催される地歌舞伎の「ふれあい公演」をはじめ、様々な公演や催しの会場として活用され、黒川地区の地元の人たちに娯楽の場として親しまれています。なお、「ふれあい公演」は毎年2月頃から稽古が始まり、舞台づくりや小道具づくり、広報活動、資金集めなどが行なわれ、本番を迎えます。地歌舞伎の振り付けは中村高女、中村津多七両師匠が担当。

2013年(平成25年)11月29日には、六代目中村勘九郎氏が、東座の名誉館主に襲名されています。

過去に公演された歌舞伎

2015年(平成27年)

  • 第25回黒川東座 ふれあい公演

2014年(平成26年)

  • 第24回黒川東座 ふれあい公演

2013年(平成25年)

  • 第23回黒川東座 ふれあい公演

2012年(平成24年)

  • 第22回黒川東座 ふれあい公演

2011年(平成23年)

  • 第21回黒川東座 ふれあい公演

2010年(平成22年)

  • 第20回黒川東座 ふれあい公演

2006年(平成18年)

  • 白川町合併50周年記念 中村勘三郎襲名披露公演

劇場情報

劇場名 東座施設情報を見る
所在地 〒509-1431
岐阜県加茂郡白川町黒川1584-2
連絡先 0574-72-1311(白川町役場)
アクセス JR高山線「白川口駅」から濃飛バスに乗り換え、「鱒淵バス停」で下車すぐ
国道41号線・白川口から約20分
ホームページ http://kankou.town.shirakawa.gifu.jp/study_02_bunka_kabuki_azuma.htm
設備 回り舞台、花道、1階客席、2階客席
座席数 約500席