ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

エンタメール
劇場・ホール・会館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

旧金毘羅大芝居「金丸座」のご紹介



ここでは、旧金毘羅大芝居「金丸座」の歴史や、過去に公演された歌舞伎についてご紹介していきます。

現存する最古の本格的な芝居小屋

旧金毘羅大芝居「金丸座」

「讃岐のこんぴらさん」として親しまれてきた金刀比羅宮(ことひらぐう)は、お伊勢参りと並ぶ庶民信仰の地として、全国から参拝客が訪れています。

その門前町として栄えた琴平の町では、古くから3月、6月、10月の年3回、市が開かれ、歌舞伎などの芝居や相撲、操り人形芝居など様々な催しが行なわれていました。中でも人気の高かった娯楽と言えば歌舞伎見物です。

元々は、市が開かれるたびに仮設小屋を設置して歌舞伎興行などを行なっていましたが、1835年(天保6年)に高松藩寺社方より、常設の芝居小屋設計の許可が下りたのを機に建設が決定。日本最古の芝居小屋として、金毘羅大芝居(こんぴらおおしばい)の劇場が創建されました。

金毘羅大芝居は、当時大阪の道頓堀にあった大西芝居(のちの浪花座)の規模、様式、構造を模して常小屋として建設。江戸や大坂、京都などの大都市にある劇場にも負けず劣らずの建物として、全国にその評判は広がりました。

開設当時は、噂を聞きつけた東西の千両役者がこぞって金毘羅大芝居で上演を行ないましたが、時代が流れ、次第に歌舞伎自体の人気に陰りが見られるようになります。名劇場として名を馳せた金毘羅大芝居も、映画館として利用されるようになり、内部の様式が変わってしまいました。

その後、名称も「金毘羅大芝居」から「稲荷座」、「千歳座」、「金丸座」と変遷を遂げ、興行の衰退に伴って廃館してしまいます。なお、今も残る「金丸座」の名前は1900年(明治33年)に付けられたものです。

歌舞伎俳優の熱望により歌舞伎大芝居が復活

荒廃が進む金毘羅大芝居に心を痛めていた町の人々は、幾多の自然災害を免れて歴史を刻んできた価値のあるこの建築物を、何とか保存して後世に残そうと、保存運動を開始。国内外の建築に携わる人、演劇界の関係者らを巻き込んだ活動が実を結び、1970年(昭和45年)6月17日、「旧金毘羅大芝居」は国の重要文化財に指定されました。「金丸座」の名は現在、愛称として親しまれています。

そして、1972年(昭和47年)から4年もの歳月をかけ、現在の愛宕山中腹に移築復元。1976年(昭和51年)3月に、天保時代の姿が蘇ったのです。その趣深い建物が注目を集めるきっかけとなったのは、テレビ番組を通じて当時の中村吉右衛門、沢村藤十郎、中村勘九郎といった錚々たる歌舞伎俳優が訪れたこと。

建物の素晴らしさに魅了された歌舞伎役者たちの発信力、影響力が後ろ盾となり、1985年(昭和60年)からは、毎年「四国こんぴら歌舞伎大芝居」を開催。四国路に春の訪れを告げる風物詩として、歌舞伎ファンの注目を集めています。

平成の大改修で復活した「ブドウ棚」と「かけすじ」

さらに、修理後30年近くの時を経た2002年(平成14年)12月に、建物の健全性と耐震性能の調査を実施。その際、客席上方の大梁に花吹雪を降らせる「ブドウ棚」と、宙乗りを見せる装置「かけすじ」の痕跡が発見され、翌年2003年(平成15年)から始まった平成の大改修に際しては、平場及び桟敷天井部に「ブドウ棚」を復元、花道上部に「かけすじ」が復元整備されました。

歌舞伎の劇場としての伝統の姿を取り戻すと共に、天井裏全面に鉄骨で構造補強を施すなど、安心して観劇できる小屋として生まれ変わった旧金毘羅大芝居。これからも日本古来の文化である歌舞伎の魅力と、先人の心を伝え続けてくれるでしょう。

過去に公演された歌舞伎

2015年(平成27年)

  • 第31回 四国こんぴら歌舞伎大芝居

2014年(平成26年)

  • 第30回 四国こんぴら歌舞伎大芝居

2013年(平成25年)

  • 第29回 四国こんぴら歌舞伎大芝居
  • 坂東玉三郎特別公演 鼓童出演

2012年(平成24年)

  • 第28回 四国こんぴら歌舞伎大芝居
  • 坂東玉三郎特別公演 鼓童出演

2011年(平成23年)

  • 第27回 四国こんぴら歌舞伎大芝居

2010年(平成22年)

  • 第26回 四国こんぴら歌舞伎大芝居

2009年(平成21年)

  • 第25回 四国こんぴら歌舞伎大芝居

2006年(平成18年)

  • 十八代目 中村勘三郎襲名披露「松竹大歌舞伎」公演

劇場情報

劇場名 旧金毘羅大芝居「金丸座」施設情報を見る
所在地 〒766-0001
香川県仲多度郡琴平町乙1241
連絡先 0877-73-3846
アクセス 高松空港から車で約40分
高松自動車道・善通寺ICから車で約15分
JR「琴平駅」より徒歩約20分
ホームページ http://www.konpirakabuki.jp/
設備 1階客席、2階客席、花道、回り舞台、楽屋、空井戸
座席数 約730席