ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

エンタメール
劇場・ホール・会館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

常盤座のご紹介



ここでは、常盤座の歴史や、過去に公演された歌舞伎についてご紹介していきます。

歌舞伎を愛する民衆の熱意が生んだ地歌舞伎の芝居小屋

常盤座

常盤座は、岐阜県中津川市高山地区にある常磐神社の前に建つ芝居小屋です。古くから地歌舞伎が盛んだった美濃地方の例に漏れず、この地域でも、元々神社の境内で歌舞伎が上演されていましたが、当時は群衆が大勢集まることから、一揆が起きることを警戒され、上演の際には警察の許可が必要でした。

そこで自由に歌舞伎を上演できる場所を求めて、地域の人々が米を寄付し合い、1891年(明治24年)に待望の芝居小屋が完成しました。

建設当初は「常盤演劇場」と呼ばれており、楽屋の落書き跡から、1891年(明治24年)5月6日が舞台開きであったことをうかがい知ることができます。

常盤座の開設にあたっては、各戸から米5~7斗、貧しい家でも1~2斗程の米を工面したと言われています。正に、歌舞伎を愛する地元の人々の熱意が造り上げた小屋なのです。

木造2階建て、正面入母屋、妻入造りの瓦葺き。間口17.1メートル、奥行き26.9メートルと立派な建物で、農村の娯楽の殿堂として賑わった往時の様子をしのぶことも。舞台は、上手袖に太夫座を常設し、花道、回り舞台を備えた明治時代の劇場形式を今に伝えています。

親しみやすいイベントで地歌舞伎の魅力を発信

戦時中には、一時的に軍需工場に利用された期間もありましたが、1947年(昭和22年)には破損を改修して舞台を再開、1973年(昭和48年)からは存続に関する検討が進み、1975年(昭和50年)には改修が決定し、翌年の1976年(昭和51年)には記念すべき第1回高山歌舞伎公演が執り行なわれました。その後、1992年(平成4年)には屋根の葺き替え工事や、回り舞台の復元などを実施。

常盤座では現在も、地区の歌舞伎保存会により、毎年恒例の定期公演を実施し、素人歌舞伎や子ども歌舞伎の上演が行なわれています。元々は「常磐座」と表記していましたが、大勢の人が入るようにゲンを担いで「石」を「皿」にして「常盤座」に名称を統一しました。

また、2012年(平成24年)には「岐阜の宝もの」である東濃地方の地歌舞伎と芝居小屋の活性化と観光活用を推進する「岐阜自慢ジカブキプロジェクト」、常盤座歌舞伎保存会が協力し、地歌舞伎ワンダーランド「常盤座」と題したイベントを開催。

普段は公開されていない常盤座で、芝居小屋謎解きツアーや役者に変身コーナー、大道具の大仕掛け、衣装展示など多彩なイベントが行なわれ、地元住民はもとより、県内外の人々に地歌舞伎の魅力を発信する機会として、大いに賑わいました。

過去に公演された歌舞伎

2015年(平成27年)

  • 中津川市合併10周年記念 第21回 常盤座歌舞伎保存会定期公演・子ども歌舞伎教室発表会

2014年(平成26年)

  • 第20回 常盤座歌舞伎保存会定期公演・子ども歌舞伎教室発表会

2013年(平成25年)

  • 第19回 常盤座歌舞伎保存会定期公演・子ども歌舞伎教室発表会

2012年(平成24年)

  • 第18回 常盤座歌舞伎保存会定期公演・子ども歌舞伎教室発表会
  • 地歌舞伎ワンダーランド「常盤座」

2011年(平成23年)

  • 第17回 常盤座歌舞伎保存会定期公演・子ども歌舞伎教室発表会

2010年(平成22年)

  • 第16回 常盤座歌舞伎保存会定期公演・子ども歌舞伎教室発表会

2009年(平成21年)

  • 第15回 常盤座歌舞伎保存会定期公演・子ども歌舞伎教室発表会

劇場情報

劇場名 常盤座施設情報を見る
所在地 〒508-0204
岐阜県中津川市高山1025-4
連絡先 0573-72-2275
アクセス 中央自動車道・中津川ICから車で約30分
ホームページ http://www.city.nakatsugawa.gifu.jp/branch/fukuoka/post-1.html
設備 舞台(間口11.2m、奥行き8.3m)、客席(枡席でコの字型、平場と中2階の桟敷)、回り舞台、太夫座(上手袖に常設)、花道(長さ11.7m)
座席数 約500席