ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

エンタメール
劇場・ホール・会館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

劇場・ホール情報

カラオケを楽しもう!



老若男女問わずに気軽に楽しめるカラオケ。繁華街には、必ずと言ってもいいほどカラオケボックスがあり、多くの人が自慢ののどを披露したり、友達とコミュニケーションをはかるなど、人気の社交場となっています。

カラオケはおもしろい

今ではわりと気軽に楽しめるカラオケですが、その普及までには、様々な道のりがありました。アミューズメント性やエンターテイメント性も取り入れて面白さと魅力はどんどん進化しています。

カラオケの歴史

カラオケの歴史

カラオケが誕生したのは、1970年頃と言われ、最初はマイクがついた小型のジュークボックスに伴奏用のテープを入れて歌うのが起源とされています。その後、専用のカラオケ機器が登場し、伴奏も様々な歌が登場してきました。最初は、主にスナックや宴会場などお酒の席がほとんどで、大人の娯楽として普及していきました。

1980年代になると、テレビモニターに歌詞を映し出す映像カラオケが登場します。それまでは、印刷された歌詞カードを見ながら、スピーカーから流れる伴奏に合わせて歌うだけでしたが、映像が加わったことで、カラオケの機械が機能的に大きく進化しました。

そして80年代半ばになると、カラオケ喫茶やカラオケボックスが登場し、純粋にカラオケを楽しもうという趣向が浸透していきます。また、家電メーカーが家庭用カラオケ機器を発売したことにより、家庭でも手軽にカラオケが楽しめるようになりました。これによりカラオケも学生など各世代層に広がりを見せ、それに伴って曲のジャンルや数も充実してきました。90年代には、最新のヒット曲がすぐ歌えるようになったり、アルバムだけの収録曲もカラオケになるなど、消費者ニーズの多様化に合わせた選曲で、一つの大衆文化に成長しました。

カラオケ機器の進化

カラオケ機器の進化

カラオケ機器は、ジュークボックスにマイク装置をつけた簡素なもので、コインを入れてBGMに合わせて歌ったことが最初とされています。その後、日本の音響メーカーがカーオーディオ用に開発した「8トラック方式のテープレコーダー」を利用した機器が開発されます。これがカセットテープレコーダーの登場でカセット式へと移行し、機器そのものもコンパクトになってスナックやバーなど狭いスペースでも置けるようになりました。

80年代半ばにレーザーディスクによる映像カラオケが普及に拍車をかけ、カラオケは、デジタルメディアへと変化します。

90年代には通信カラオケが登場すると、新曲のリリースの早さや楽曲の豊富さで、一躍カラオケ機器の主役となりました。21世紀に入るとデータ通信の発展で、ブロードバンド配信などが可能となり、通信カラオケも時代に合わせて進化し続けています。

また、歌う人に合わせてキーやテンポを変えることができたり、点数表示、コーラス入りなどカラオケをより楽しめる機能も多様化しています。最近では、こうした通信カラオケを自宅でもできるレンタルサービスもあります。

カラオケの意味

カラオケの意味

カラオケとは「空のオーケストラ」という意味で、元々は放送業界の言葉です。歌番組などで生伴奏ができない場合は、楽曲の伴奏の部分をあらかじめ録音しておき、それを流しながら歌手が歌うものでした。

生演奏主体の昔では、オーケストラに注意を払ったり、経済的な負担や演奏場所の大きさなどを考えなければならなかったのですが、一度録音してしまえば何度も使えるので、重宝されました。

楽曲が豊富になった今では放送業界も、カラオケが一般的になりつつあります。

世界的に広まるカラオケ文化

世界的に広まるカラオケ文化

カラオケは日本で生まれた独特の文化です。今では世界に普及しており「Karaoke」という英語も登場しています。日本のカラオケが、まずアジアに広まり、それがアメリカやヨーロッパに伝わったとされています。

それまで海外ではパーティーなど人前で歌を歌う習慣はありませんでした。それが「Karaoke」によって家庭などで楽しめるようになり、新しい娯楽として受け入れられるようになったわけです。