ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

文字サイズ

舞台に関する用語(な行)をまとめてご紹介しています。分かりやすく解説しているので、舞台に関する難しい言葉の意味を知りたいときはぜひご活用下さい。

舞台用語集

舞台用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

な行

  • 中割り幕

    中割り幕(ナカワリマク)

    舞台の中程に位置し、前奥を仕切る、左右に開閉する幕のこと。引き割り幕とも言う。場面転換に利用したり、舞台が広すぎる場合に奥行きを調整したり、前舞台と後ろ舞台を使い分けるときに使用する。操作で舞台中央まで閉じることができる。主にひだがある一般的なカーテンのような形の幕だが、上下に昇降する幕も使われている。大きな(奥行きのある)劇場では中割幕が複数設置されている場合もあり、それぞれ「一割」「二割」「三割」と呼ばれ、一割は袖幕、二割は照明や道具を隠す文字幕、三割は舞台裏を隠す大黒幕など、別々の用途に使われることもある。劇場に数多くある幕の中で、演出次第で様々な使われ方をする、大変利用範囲の広い幕でもある。

  • なぐり

    なぐり(ナグリ)

    舞台関係者が使用する専門の金槌の通称。釘を打つ大工道具を舞台用語で「なぐり」と言い、一般的には中サイズの金槌やトンカチ、ハンマーのこと。舞台用の「なぐり」は一般的に使う金槌とは少し違う形をしている。特徴は柄が長く、頭が直角になっており(これで角度が直角かどうかを計ることができる)、もう片方の釘抜き部分も平たい。テコの原理で、柄の末端を掴むと大きな力が加わり、迅速に仕込みやバラシなどの作業ができる。舞台では釘を打つのと同じくらい、釘抜きとしても使用したり、足場のガタ付きをはめ込んだり、ズレを調整する場合にも頻繁に使用されるため、特徴的な形をしている。また、それらの作業のことを「なぐりをかける」と言い、由来もそこからきていると言われている。

  • 奈落

    奈落(ナラク)

    舞台や花道の地下のこと。仏教においての地獄、あるいは地獄に落ちることを意味し、そこから転じて日本の舞台劇場で、舞台の真下のスペースなど地下部分を指して使われるようになった。回り舞台や迫り出しの装置などがあり、花道の下にも奈落のある劇場があり、役者の素早い移動のために通路としても使用される。劇場によってはオーケストラピットもかねる装置を奈落と呼ぶ場合もある。現在は機械化されている劇場がほとんどだが、昔は回り舞台や迫り出しなどを奈落で道具方が手動で動かしていた。一般的には暗くて深く、地面を掘ったままで湿気が多く、まるで地獄のような場所だったことから「奈落」と呼ばれるようになったが、舞台から穴を覗き込むと深く暗く、恐ろしさを感じることから「奈落の底に引き込まれる」と言う比喩にも使われている。

  • 人形立て

    人形立て(ニンギョウタテ)

    パネルや張り物など、それだけでは不安定な大道具などの舞台美術を舞台上に立たせたり固定させたりするときに使用する三角形の支えのこと。「人形」と略されて呼ばれる場合もある。人形立てはしっかりと作ればそれだけで自立し、一度使ってバラしたり破棄したりするような物ではなく、ボロボロになって使えなくなるまで使うことが多いので、材料を正確に切り、組み立てる際には直角に誤差が生じないよう、正確に作る。人形立ては舞台転換などで裏方さんが一人で素早く移動させることが多く、扱いやすいように木製の物がほとんどで、それにパネルなどを立てかけかけるので、劇場では人形立ての大きさ(幅や高さ)だけでなく、立てかけられる重さ(「人形立てウエイト」と呼ばれる)も記している。

日本全国の劇場、ホールや映画館を検索できます。お探しのカテゴリを選択して下さい。

すべてを見る

ページ
トップへ
PAGE TOP