ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

エンタメール
劇場・ホール・会館
トップページへ戻る
トップページへ戻る

舞台用語集(や行)



舞台に関する用語(や行)をご紹介します。

八百屋飾り

八百屋飾り(ヤオヤカザリ)

歌舞伎用語で、舞台奥を高くして、客席に向かって斜面になった床のことを「八百屋」と言い、遠近法を強調するために八百屋の床に大道具を飾ることを「八百屋飾り」と言う。江戸時代、八百屋は、朝になると外の雨戸を倒して、野菜を並べる台に使った。このとき、客に品物が見やすいように手前を低くしていたので、同じような舞台を八百屋と呼ぶようになった。同意語で「開帳場」という舞台用語もある。開帳というのは、神社や仏閣が特定の日に限って、持っている宝物を信者に披露すること。大きな寺や神社の開帳ではたくさん集まった参拝者がケガをしないように、階段に板を渡して坂にした。この傾斜に似ていることから、斜面になったセットや舞台を「開帳場」と呼ぶようになった。

野外劇

野外劇(ヤガイゲキ)

野外で、自然を背景に上演される演劇。現在では、演劇は屋内で上演されるのが当たり前となっているが、古くは野外で行なうことが一般的だった。古代ギリシャやローマ時代の演劇は野外劇であり、丘などの斜面を削って建てられたすり鉢状の劇場で上演された。2万人を収容する大きな野外劇場もあったとされる。中世の演劇も多くは街頭や広場で演じられた。屋内での演劇が主流になったのは中世ヨーロッパの後期とされている。日本も同様で、古典芸能は野外劇だったものがほとんど。歌舞伎も、初期は屋外に舞台が設置され、観客は芝の上で観劇をしていた。このことから芝居という言葉が生まれた。やがて、芝居小屋が建てられるようになるが、屋根があるのは舞台の上だけで、観客は土間に座って観ていたので、雨天時は上演できなかった。客席にも屋根のある芝居小屋が建てられたのは1724年(享保9年)とされている。

役者

役者(ヤクシャ)

能楽や歌舞伎、演劇で役に扮して演じる人、俳優とも言う。劇団や芸能事務所に所属する役者がほとんどだが、江戸時代は、それぞれの劇場が作者や役者と契約を結んでいた。契約期間は1年で、例年11月に契約を交わした。劇場は良い役者がそろったことをアピールするために契約最初の11月に「顔見世興行」を行なった。現在でも11月に東京で顔見世興行を行なうのはこのためだ。そこで、演じる演目は「顔見世狂言」と呼ばれ、作者の側からは、作品を書かせてもらうのは名誉なことであった。一般社会で「役者がそろう」と言うと、物事を行なうときに優秀な人がたくさん集まることを表現する。ちなみに誤用が多い「役不足」は役者が与えられた役に満足しないという意味と、能力に対して役が軽すぎるという意味。自分の力量をへりくだる意味で用いるのは誤りだ。

屋号

屋号(ヤゴウ)

商店の名前を示すことばで、「越後屋」など姓名の後ろに屋を付けたものが多い。歌舞伎役者は、名前とは別に屋号を持っている。これは、江戸時代の「士農工商」の身分制度に由来する。当時、苗字を持てるのは武士だけ、しかも、歌舞伎役者は「河原乞食」と蔑称で呼ばれる「商」より下の身分だった。しかし、歌舞伎役者の人気が高まり、影響力がある存在として無視できなくなると、幕府は役者を「良民」であるとした。これにより、今まで、路地裏や横丁に住まなければならなかった役者たちが、表通りに住むことができるようになった。当時、表通りに住むのは「商家」と決まっていたため、財力のある役者のなかには、副業として商売を始める者もあった。こうして役者は屋号を持つようになり、ファンも役者をそれぞれの屋号で呼ぶようになった。ちなみに、歌舞伎の世界では、劇場の内外にかかわらず、役者名で呼ぶのは失礼とされ、通常は屋号で話すのが礼儀になっている。

読み合わせ

読み合わせ(ヨミアワセ)

演劇では稽古の初期の段階で、それぞれの役者が台本を読む稽古を行なう。これを「読み合わせ」と言う。この稽古には、言葉の発音、地名などの漢字の読み方、用語の意味といったことを共有することから、台本には書いていない、役の感情や人間関係を確認するなど、様々な目的がある。俳優は台本を事前に読み込んで、稽古に挑むのだが、自分が思い描いた作品世界が、最初から共演者や演出家と同じことはまずないので、読み合わせをしながら、作品全体の理解を深め、役作りを進めていく。このように、読み合わせは、単に読むだけの稽古でなく、役者にとって非常に重要な稽古なのだ。舞台監督や音響、照明などの責任者も、演出家がどういう芝居を作りたいか、どんな表現を求めているかを探り、共有するために読み合わせに参加することもある。

投稿ユーザ様募集
掲載施設様様募集

投稿ユーザーの方へ

パスワードを忘れた方

投稿ユーザーに登録する

投稿ユーザーに登録される方は、
「投稿ユーザーに登録する」ボタンを
押して下さい。

施設検索/ホームメイト・リサーチ公式キャラクター 歌舞伎パンダ「検太郎」
施設検索/ホームメイト・リサーチLINE公式アカウントをご紹介!
ホームメイト・リサーチ公式アプリ ピカ写メのご紹介!
「ピカ写メ」アプリの機能をご紹介。ダウンロードはこちらから!
施設のお役立ち情報「生活施設辞典」
生活施設に関する、知っておくと便利な情報・役に立つ情報が満載!

施設検索ホームメイトリサーチは、
モバイルでもお楽しみ頂けます。

スマートフォンからも、サイトをご覧頂くことができます。
携帯からも、サイトをご覧頂くことができます。
デバイスイメージ

その他、タブレットでもご覧頂けます。
施設検索ホームメイト・リサーチご紹介ページ

いつでもどこでも「施設検索/ホームメイト・リサーチ」サイトへ一発アクセス!
タブレットやスマートフォンから弊社サイトへすぐにアクセスできる便利なボタンを設定できます。