ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 赤っ面
    あかっつら

    赤っ面(アカッツラ)

    歌舞伎において平敵(ひらがたき)、端敵(はがたき)といった悪人の中でも下っ端の敵役(かたきやく)の化粧で、顔全体を赤く塗り、隈取(くまどり)をしている。また、鬘(かつら)は天然パーマのようなちりちりとした髪質をほどこしたものが多い。たいして偉いわけでもないのに大きな態度をとる、性格が悪くて中味がうすっぺらい、すぐに暴力をふるう悪人などにほどこされる。逆に賢い頭で悪事を企む大悪人「実悪(じつあく)」は顔を白く塗ることが多い。代表的な役柄は「俊寛(しゅんかん)」の瀬尾太郎(せのおのたろう)「暫(しばらく)」の成田五郎(なりたのごろう)、神霊矢口渡(しんれいやぐちのわたし)の頓兵衛(とんべえ)など。成田五郎は腹を出しているため、腹出しとも呼ばれている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP