ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 赤姫
    あかひめ

    赤姫(アカヒメ)

    歌舞伎のお姫様役のこと。華やかな赤の地色を使い、花柄の刺繍をあしらった振袖を着て登場することから赤姫と呼ばれるようになった。必ず赤色を着るという決まりはなく、鳶色(とびいろ)や藤色(ふじいろ)の振袖を着ることもある。髷(まげ)をまるく仕立てた吹輪(ふきわ)を結った鬘(かつら)に、銀の花簪(はなかんざし)を付ける。「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」の八重垣姫、「金閣寺(きんかくじ)」の雪姫、「鎌倉三代記」の時姫(ときひめ)を「三姫」と呼び、歌舞伎女形が演じる古典の中でも、気品と美しさが求められ、さらに、困難な状況の中で恋に生きる女を演じるとても難しい大役とされている。また、若い女役を「若女方(わかおんながた)」、中年以上の女役を「花車方(かしゃがた)」と言う。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP