ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • アドリブ
    あどりぶ

    アドリブ(アドリブ)

    語源はラテン語のアドリビトゥム【ad libitum】。思うままに、気ままに、演奏者の自由に任せるという意味を持つ上演芸術における用語。演劇ではセリフを忘れたとき、相手がセリフを間違えたときといった緊急時の他に、会場の雰囲気、その日の気分などで台本からはみ出し、即興で言葉を発すること、コンサートでは譜面にないメロディを奏でたり、編曲をしたりすることを指す。しかし、演劇の場合は台本が意図することを深く理解し、音楽では、例えばジャズはコード理論を熟知したものでないと、アドリブによって作品を壊してしまう可能性も。演劇では基本的には観客に分からないように、進行に支障がないように回避するためのもので、伝統を重んじる内容の演劇では、アドリブは好まれない。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP