ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • オーケストラピット
    おーけすとらぴっと

    オーケストラピット(オーケストラピット)

    ミュージカルやオペラといったオーケストラを必要とする公演の場合、お客様が指揮者や演奏者ではなく、演技や歌唱に集中できるよう、舞台すぐ前の客席から一段下げたところに作ったオーケストラ専用のスペース。 客席からは見えない場所で、舞台の展開に合わせて演奏される。また、くぼみに配置することで、歌手の声の響きをオーケストラの大音量で遮らない役割も持つ。ピット【pit】は穴の意味で、構造的には普段は客席として使っている前側の一部分が可動式、または、オペラ専門の劇場ではエレベーターになっており、その部分だけ床ごと上げ下げできる。客席の床を外すことでオーケストラピットになる劇場やホールもある。オーケストラピットを使うとき、通常使われている客席は動かして収納できる仕組みになっている。オーケストラボックスとも言う。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP