ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 大道具
    おおどうぐ

    大道具(オオドウグ)

    建物、野原、海などの背景、樹木、岩石、家具などの舞台美術のことを指す。公演中は場面転換の際にはダイナミックに背景を動かす、雪を表現するために紙吹雪を降らせる、タイミング良く襖(ふすま)を開けるのも大道具の役割。作業は分担制になっており、木材で屋根や壁といったベースを作る生地屋、そこに和紙を張る張り物屋、さらにそこに絵描きが色を付けて完成させていく。すべてのパーツを舞台に組み立てるのも大道具の仕事。歌舞伎からはじまった古い歴史を持つ大道具は、経験を積み重ね、どんな注文にも応えられるよう常に向上心を持って技を磨かなければならない職人。伝統的な技を後継者に伝え、裏方として舞台を支えている。小道具は大きさに関係なく劇中で役者が使う物。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP