ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 女形
    おんながた

    女形(オンナガタ)

    歌舞伎の女性役のことで、それを演じる俳優のこと。女方とも書く。江戸幕府が1629年(寛永6年)に女性が歌舞伎を演じることを禁止したため、男性が女性を演じるようになったという説が残る。大胆な行動をし、恋に生き、気品に溢れた可憐な女性「赤姫(あかひめ)」、まっすぐな性格で情熱を秘めた商家の娘「町娘」、御殿の女中や官女「片はずし」、かいがいしく夫の世話をする「世話女房」、「傾城(けいせい)」と呼ばれる遊女役などを指す 。しかし、同じ女性役でも女形と呼ばないものもある。老女、尼、女性の敵役、女性の道化役、子役が演じる幼女などがその類い。また、座頭(さがしら)の相手役をするなど、その公演に登場する女形の中でも重要な女形を演じる俳優を立女方(たておやま)と呼ぶ。 男性役を演じる俳優は立役(たちやく)と言う。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP