ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ


  • かがみ

    鏡(カガミ)

    客席からの見切れ(本来、見えてはいけないもの)を隠すために立てられる大道具のことで、鏡パネルとも言う。 例えば、窓や襖(ふすま)、扉などを開いたとき、舞台の奥が見えないようにするためにパネルを立てておく。窓の場合は外の景色が描かれている。また、「鏡板」は能舞台のシンボルで、正面に松が描かれた羽目板を指し、桃山時代以降に使われるようになった。春日大社の影向の松を描いたとされる老松が描かれていることが多い。壁の反響を利用した音響効果を狙った、お客さんを一定方向だけ観てもらえるよう演出するためなどと伝えられている。「鏡の間」は、姿見用の大きな鏡が設置してある場所。具体的には、橋掛りの突き当たりで揚げ幕の奥、楽屋との間に位置する板敷きの部屋。舞台に出る前に役者が自分を映して姿を整え、心をしずめて待つ能舞台の一部。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP