ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 書割
    かきわり

    書割(カキワリ)

    パネルや板などに紙や布を張り、風景や建物といった背景を描いた物。舞台で使う大道具のひとつ。板を組み合わせて書いた物をいくつかに割ることができるため、書割と呼ばれるようになった。本来は、家屋やビルなどをきちんと描いた物を書割と言うが、海や山といった遠くの景色を描いた「遠見(とおみ、けんえん)」と呼ばれる物も、総称として書割と言われることもある。遠見は遠くまでを描くことによって舞台を広く見せる、それぞれの季節を描いた物を舞台転換のときに変えることによって、時の流れを表現することができるなど、作品の深さ、幅を広げる大事な役目も担っている。さらに、パネルに描くのではなく、布に描いてそのまま幕としてセットされる場合は「道具幕」、背景として使う幕全般を「書割幕」と呼ぶ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP