ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 歌舞伎
    かぶき

    歌舞伎(カブキ)

    音楽、演技、舞踊の3つを備えた総合芸術で、能楽や文楽と並ぶ日本を代表とする伝統芸能。安土桃山時代の女芸者、出雲阿国(いずものおくに)によって1603年(慶長8年)に京都ではじめられた。この「かぶき踊り」の人気から、遊女を集めた「女歌舞伎」、前髪のある美少年による「若衆歌舞伎(わかしゅかぶき)」が生まれた。しかし、幕府から風紀を乱すものと禁止されたことで、現在の基礎となる成人男性による「野郎歌舞伎」へと変化していった。歌舞伎の語源は奇抜な身なりをする、勝手な振る舞いをするという意味を持つ「傾く(かぶく)」。既存の考えややり方にとらわれず、その時代の流行を積極的に取り入れながら観客を楽しませる精神は、発祥から400年以上経った今でも受け継がれている。レパートリーは700以上。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP