ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 歌舞伎十八番
    かぶきじゅうはちばん

    歌舞伎十八番(カブキジュウハチバン)

    正式名は「江戸市川流 歌舞妓狂言組十八番(かぶききょうげんくみじゅうはちばん)」。略して「歌舞伎十八番」と言う。七代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)が市川宗家のお家芸として、初代、二代目、四代目によって初演された中から選んだ18番の歌舞伎演目。1832年(天保3年)に市村座で行なわれた「八代目市川團十郎襲名披露興行」で制定を公表した。そのとき10歳の長男の海老蔵に八代目團十郎を襲名させ、自身は海老蔵に改名した。七代目團十郎を襲名したのも10歳のときだった。歌舞伎十八番の役のほとんどが、初代〜四代目までが得意とした、乱暴者だが霊力と超人的な力を持つ正義の勇者「荒事(あらごと)」。台本がなく、内容がはっきりしない演目は口承などから復元した。中でも江戸の粋を具現化した「助六」が人気で、上演すれば必ず大入りになった。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP