ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 上手、下手
    かみて、しもて

    上手、下手(カミテ、シモテ)

    客席から舞台に向かって右側のことを上手(かみて)と言い、左側を下手(しもて)と言う。そのため、舞台のセットでは下手に玄関があり、上手に座敷の奥が造られることや、身分の高い役を向かって右に、低い人を左に配置するのが約束事となっている。落語でも、身分の高い人や年長者を演じるときは下手の方向を、身分の低い人を演じるときは上手の方向を見ながら話す。 上手・下手は現場で最も使われる言葉ともされ、上(かみ)、下(しも)と略して呼ばれることも多い。 また、舞台の前方の客席側を舞台面(ぶたいめん)、舞台の後方を舞台奥(ぶたいおく)と言い、略して面(つら)、奥(おく)と呼ぶ。欧米では、日本の客席目線とは逆に、舞台に立つ俳優目線から客席に向かって左(ステージレフト)、右(ステージライト)と呼ぶ。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP