ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ


  • 柝(キ)

    一般では拍子木と言うが、歌舞伎では 柝(き) と呼ぶ。四角に切り出された2本の木を打ち合わせることで音を出す「チョンチョンチョン」と響く音のこと。俳優に時刻を知らせる、演技のきっかけを作る、効果音など、様々なシーンに使われる。打っているのは狂言作者。演目それぞれに担当がおり、幕開けから幕切れまで、客席からは見えない場所で責任を持って打つこととされている。開幕30分前に鳴物が着到(俳優が楽屋に入ること)の知らせを演奏したあとの「着到止め」、開幕の合図(「 柝を直す」と言う)、迫り上げ、迫り下げ、舞台転換など、それぞれのシーンにあわせて間をあける、続けて打つなどをする。舞台上の俳優の演技を見ながらタイミング良く打つ。また、舞台の上手の隅に設置してあるツケ板と呼ばれる板に木を打ち付けて効果音を出す「ツケ」とは別。こちらも俳優の演技にあわせて打ち、動作や物音を強調する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP