ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 脚本
    きゃくほん

    脚本(キャクホン)

    シナリオとも呼ばれ、台本と同じ意味を持つ。戯曲とはほぼ同じ。しかし、戯曲は文学作品で上演を目的としないものもあるため、上演目的として書かれた脚本とは少しちがう。また、小説とは形式が異なる。舞台、映画、ドラマ、アニメなどにおいて、台詞を主体に「いつ、どこで、誰が、どうした」を表し、演出、演技、照明、音楽などを細かく指定したト書きを入れて作成する舞台作りの「脚(あし)」であり、重要な土台。ちなみに、脚色とは、戯曲、小説、漫画といった原作、あるいは事件、歴史上の人物や物語に粉飾を加えることによって、おもしろおかしくする、よりスリリングにする、深みのある人生など、イメージに合うように書き換えること。ストーリーのもととなる原作を持たず、作者オリジナルの書き下ろしを脚本と言い、原作ありきでアレンジしたものを脚色と言う。歌舞伎を代表とするように、日本では江戸時代から行なわれるようになった。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP