ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 狂言
    きょうげん

    狂言(キョウゲン)

    能の合間に演じられる短い芸能で、大掛かりな舞台装置は使わず、対話を中心とした笑劇、人間の姿を滑稽に描いた喜劇。能と同じく猿楽から発展した伝統古典芸能で、2001年にユネスコの世界遺産(無形文化遺産)に登録された。織田信長、豊臣秀吉といった戦国の大名が愛したと言われ、ストーリーは庶民の日常を中心に、人間の本質や習性に鋭く切り込みを入れ、それを笑いに変えてしまう現代にも通じる普遍的な物語。主役をシテ、オモ、相手役をアドと呼び、登場人物は太郎冠者(たろうかじゃ)、船頭、医者、漁師、山賊、物売りなどの他に動物も多く、犬、猿、牛、馬、狸に加え、蚊や神、仏、鬼、閻魔(えんま)などバラエティ豊か。 江戸時代には大蔵流、鷺流(さぎりゅう)、和泉流(いずみりゅうの)の3つの流派があったが、存続しているのは前者の2つだけ。狂言を演じる役者を狂言師と言う。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP