ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 切り口上
    きりこうじょう

    切り口上(キリコウジョウ)

    江戸時代に行なわれた歌舞伎で、その日の演目が終わることを言葉で伝えること。演目が終わると、歌舞伎の興行権を持つ座元(ざもと)(「太夫元(たゆうもと)」とも言う)として、楽屋のすべてを取り仕切る「楽屋頭取(がくやとうどり)」などが裃(かみしも)姿で舞台の上に現れ、「まず今日(こんにち)はこれぎり」と述べた。人によって「まず今日はこれ切り」「まず今日はこれかぎり」「まず本日は此れ迄(これまで)」など多少言い方にちがいがある。その言い回しが一句ごとに区切られ、表情もいかめしかったことから、現在でも堅苦しく味気ないあいさつを指すようになった。また、歌舞伎で1日の興行の最後の一幕を「大切り(おおぎり)」と言う。物事の終わりを指すため、縁起をかついで「大喜利」とも書き、寄席の最後の出し物のことを言う。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP