ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 稽古
    けいこ

    稽古(ケイコ)

    練習のこと。台本を見ながらだいたいの動きを追い、台詞の読み合わせをする「半立ち稽古」、本番で手にする小道具に見立てたものを持ちながら動作を加えて練習する「立ち稽古」、演出家の意向で重点的に稽古をする必要がある部分を抜き出して行なう。または、演出家が不在の場合、できる範囲で行なう「抜き稽古」、稽古場で行なう最終段階の「総稽古」、実際に舞台で行なう「舞台稽古」、舞台転換のための「転換稽古」、本番と同じ舞台装置で行ない、立ち位置やきっかけ、段取りの確認をする「場当たり稽古」など、稽古にも種類がある。中でも「舞台稽古」は、これまで狭い稽古場でやってきたことを実際の舞台で演じるため、広さや立ち位置が変わる、客席から見えないなどの問題点が出てくる。演出家、俳優をはじめとしたスタッフが軌道修正するための大事な稽古となる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP