ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 襲名
    しゅうめい

    襲名(シュウメイ)

    先祖、親、師匠、先人、兄弟の名を継ぐこと。歌舞伎、能、狂言、文楽、落語といった伝統芸能だけでなく、江戸時代では商人や大きな農家でも代々同じ名前を継ぐとされていた。歌舞伎の場合、出世魚のように段階的に名前を継いでいく。成田屋(なりたや)の市川團十郎は、新之助(しんのすけ)→海老蔵(えびぞう)→團十郎(だんじゅうろう)。音羽屋(おとわや)の尾上菊五郎家は、丑之助(うしのすけ)→菊之助(きくのすけ)→菊五郎(きくごろう)。襲名の「襲」は衣服に関係があることから、衣を重ねて着ることと、物事を重ねる、引き継ぐの意味を持つ。龍の部分はもともとは左右ふたつに並んだ「龖」(とう)が書かれており、こちらも重ねるという意味を指す。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP