ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 所作事
    しょさごと

    所作事(ショサゴト)

    歌舞伎の舞台で演じられる舞踊、舞踊劇のことで、歌舞伎舞踊、所作、 振事(ふりごと)とも呼ぶ。長唄(ながうた)に合わせて 女方(おんながた)が恋の行方、女心の微妙な揺れなどを踊りで披露していた。のちに男役の立役(たちやく)も加わるようになり、さらに、ひとりの俳優が衣装を着替えるごとに何人も演じながら踊る「変化舞踊(へんげぶよう)」にまで発展した。 代表的な所作は京鹿子を着た娘が恋の切なさなどを表現する「京鹿子娘道成寺(きょうがのこむすめどうじょうじ)」、 気品のある女方と獅子の精をひとりで踊り分ける「春興鏡獅子(しゅんきょうかがみじし)」、衣装を一瞬で変える「ぶっ返り」の仕掛けが楽しめる「積恋雪関扉(つもるこいゆきのせきのと)」など。所作事は演目と演目の間の中幕や、演目の終了後に披露されることが多い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP