ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 新歌舞伎
    しんかぶき

    新歌舞伎(シンカブキ)

    江戸時代から明治のはじめごろまでは専属の狂言作者「座付作者(ざつき さくしゃ)」が、その芝居小屋や一座に属する俳優のために台本を書き下ろしていたが、明治維新後の文明開化によって西洋から様々な文化が入ってきたことにより、明治20年ごろから歌舞伎を近代社会に合った内容にしていこうと提唱された「演劇改良運動」によって、正確な時代考証を行ない、西洋の演劇の要素を取り入れた作品が作られるようになった。主に小説家や文学者が手掛けた。代表的な作品として坪内逍遥(つぼうちしょうよう)が作り、「関ヶ原の戦い」後の大阪を舞台にした演目「桐一葉(きりひとは)」、岡本綺堂(おかもときどう)「修善寺物語(しゅぜんじものがたり)」、真山青果(まやませいか)「元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)」など。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP