ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 迫り
    せり

    迫り(セリ)

    くりぬいてある舞台の一部から俳優や大道具などが出てくる仕掛けになっている舞台設備。意表をついた演出や、スピーディーに舞台転換を行なうことができる。舞台の地下には「奈落(ならく)」と呼ばれる空間や通路があり、奈落に設置された台に乗った俳優や大道具を舞台上に上げることを「迫り上げ(せりあげ)」、奈落に下ろすことを「迫り下げ(せりさげ)」と言うが、歌舞伎では大道具を上下させることを「大迫り(おおぜり)」、俳優を上下させることを「小迫り(こぜり)」と呼ぶ。1753年(宝暦3年)、歌舞伎作者の並木正三(なみきしょうぞう)の考案によって作られたとされ、当時は人力で上下させていた。また、花道にある迫り「すっぽん」オーケストラピットにある迫りを「オーケストラ迫り」と言う。現在では電動となり、演劇だけでなく、コンサートホールなどにも設置されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP