ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 千秋楽
    せんしゅうらく

    千秋楽(センシュウラク)

    公演の最終日を指す。略して「楽」「楽日」とも言う。雅楽の最後に演奏する曲のタイトル「千秋楽」が語源とされるが、舞台の最終日に俳優全員が並び、口上(こうじょう)を述べてから座元が「千穐楽」の舞を踊ったことも一説として残っている。火事が多かった江戸時代では、「秋」の「火」の字は縁起が悪いとされ、「千穐楽」と表記した。また、千秋楽の前日のことを「前楽(まえらく)」、ひとつの作品を各地で上演したときの最後の公演を「大千秋楽(おおせんしゅうらく)」と言う。ちなみに、興行の最初の日を「初日(しょにち)」、長期公演の真ん中に当たる日を「中日(なかび)」と呼ぶ。初日、中日、千秋楽は公演において大切な日とされ、座長がスタッフにご馳走するなどの風習が残っている。特に千秋楽は関係者やスタッフが一堂に集り、無事の終演を祝して打ち上げを行なう。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP