ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 殺陣
    たて

    殺陣(タテ)

    演劇、映画、テレビドラマなどで演じる闘争・殺人・捕物など格闘の演技のこと。「立ち回り」と同義。「殺陣」は戦争用語の「陣立て」「戦立て」などを総じて略した「たて」から生まれたと言われており、当初「さつじん」と読んでいた「殺陣」に、大正時代の新国劇の座長・沢田正二郎が「たて」という言葉を当てることを提案したことが語源とされている。この新国劇により、歌舞伎などで美しく見せる形で演じられていた剣術シーンが、激しく迫力あるものとなり、現在の殺陣シーンの基本になったとされる。見栄えと迫力を出すため、殴打や武器を使ったシーンに効果音が加えられることがあるが、現在では安全性や経費軽減のために代用品が用いられることが多い。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP