ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 通し稽古
    とおしげいこ

    通し稽古(トオシゲイコ)

    演劇などで中断することなく幕開きから幕切れまで通し、本番とまったく同様に行なわれる稽古のこと。必ずしも作品のすべてを通して稽古するとは限らず、1幕の通し稽古など、幕ごとでの通し稽古もある。立ち稽古などを経て、ざっと通して稽古する「粗通し稽古」から、裏方の照明や音響、舞台装置なども参加して行なう、本番に近い通し稽古まで、いくつかの段階を重ねて行なうことが多い。英語で通し稽古は、コスチュームを付けることから「ドレスリハーサル(dress rehearsal)」と言い、現在では日本の演劇界でもそう言うことも多いが、オペラやクラシック・コンサートなど、音楽界では使われない。「ランスルー」とも言う。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP