ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • なぐり
    なぐり

    なぐり(ナグリ)

    舞台関係者が使用する専門の金槌の通称。釘を打つ大工道具を舞台用語で「なぐり」と言い、一般的には中サイズの金槌やトンカチ、ハンマーのこと。舞台用の「なぐり」は一般的に使う金槌とは少し違う形をしている。特徴は柄が長く、頭が直角になっており(これで角度が直角かどうかを計ることができる)、もう片方の釘抜き部分も平たい。テコの原理で、柄の末端を掴むと大きな力が加わり、迅速に仕込みやバラシなどの作業ができる。舞台では釘を打つのと同じくらい、釘抜きとしても使用したり、足場のガタ付きをはめ込んだり、ズレを調整する場合にも頻繁に使用されるため、特徴的な形をしている。また、それらの作業のことを「なぐりをかける」と言い、由来もそこからきていると言われている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP