ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • はねる
    はねる

    はねる(ハネル)

    公演が終わること。終演。その日の興行を終える、と言う意味もある。劇場などの公演に限らず、大相撲でも結びの一番が終わり、弓取り式も終えると「相撲がはねた」と言う。歌舞伎の初期の頃は社寺の境内や河原などで興行をしており、ムシロなどで簡単な外囲いをしていた。見世物が終わればその囲いをハネ上げることから、芝居など一日の興行が終わることを「はねる」と言うようになった。他にも諸説あり、歌舞伎では一幕が終わって幕が引かれるとき「チョン」と柝(き・拍子木)を打つが、ここから出た言葉ではないかとも言われている。また、観客が大入りになることも「はねる」は使われる。こちらは元々の意味である、勢い良く飛び上がる、と同じ意味合いで使われる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP