ご希望の劇場・ホール・会館情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

劇場・ホール・会館

舞台用語集

舞台用語集 舞台用語集

文字サイズ

  • 読み合わせ
    よみあわせ

    読み合わせ(ヨミアワセ)

    演劇では稽古の初期の段階で、それぞれの役者が台本を読む稽古を行なう。これを「読み合わせ」と言う。この稽古には、言葉の発音、地名などの漢字の読み方、用語の意味といったことを共有することから、台本には書いていない、役の感情や人間関係を確認するなど、様々な目的がある。俳優は台本を事前に読み込んで、稽古に挑むのだが、自分が思い描いた作品世界が、最初から共演者や演出家と同じことはまずないので、読み合わせをしながら、作品全体の理解を深め、役作りを進めていく。このように、読み合わせは、単に読むだけの稽古でなく、役者にとって非常に重要な稽古なのだ。舞台監督や音響、照明などの責任者も、演出家がどういう芝居を作りたいか、どんな表現を求めているかを探り、共有するために読み合わせに参加することもある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の劇場・ホール・会館を検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP